18歳の若さで散っていった特攻隊員。家族に宛てた遺書を読むと涙が止まらなくなる….

泣ける, 衝撃, 話題

特攻兵器・人間魚雷回天

特攻の代名詞として知られる「KAMIKAZE」。

特攻と言えば、第二次世界大戦で

大日本帝国海軍が体当たり戦法のため編制した

神風特別攻撃隊が最もよく知られています。

神風特別攻撃隊の初めての出撃は、1944年(昭和19年)10月17日。

しかし特攻自体は急場に作られたものではありません。

大日本帝国海軍は1943年7月頃から特攻の研究を始めています。

1944年2月に開発を開始した人間魚雷・回天もその一つ。

超大型酸素魚雷・九三式三型魚雷を改造して作られた

人間魚雷・回天は、脱出装置をつけることを

条件として開発が開始されました。

しかし脱出装置の開発は困難だとして断念。

脱出装置のない、生きて帰れない特攻兵器になりました。

回天の訓練基地は瀬戸内海に浮かぶ大津島に作られ、

海軍兵学校、海軍機関学校、予科練、

予備学生などからの志願兵が集められました。

回天搭乗の志願した兵士は、

実物を見て頭の中が真っ白になり

「これが俺たちの棺桶か・・・」とつぶやいたといいます。

回天は訓練中に事故が続出。

実戦へ出撃をする前に15名が命を落としています。

実際に出撃して戦死した者は87名ですが、

このうち発進戦死が49名で、

戦死者の平均年齢は21.1歳という若さでした。

回天特攻隊員が出撃3時間前に書いた遺書

回天の搭乗員の一人が出撃3時間前に

母に当てて書いた遺書がのこされています。

書いた隊員の年齢は18歳。読むと涙が止まらなくなります・・・

お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。

胸は日本晴れ。

本当ですよお母さん。少しも怖くない。

しかしね、時間があったので考えてみましたら、少し寂しくなってきました。

それは、今日私が戦死した通知が届く。

お父さんは男だからわかっていただけると思います。

が、お母さん。お母さんは女だから、

優しいから、涙が出るのでありませんか。

弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって寂しく思うでしょうね。

お母さん。

こんなことを考えてみましたら、私も人の子。やはり寂しい。

しかしお母さん。

考えて見てください。

今日私が特攻隊で行かなければどうなると思いますか。

戦争はこの日本本土まで迫って、

この世の中で一番好きだった母さんが死なれるから私が行くのですよ。

母さん。今日私が特攻隊で行かなければ、

年をとられたお父さんまで、銃をとるようになりますよ。

だからね。お母さん。

今日私が戦死したからといってどうか涙だけは耐えてくださいね。

でもやっぱりだめだろうな。お母さんは優しい人だったから。

お母さん、私はどんな敵だって怖くはありません。

私が一番怖いのは、母さんの涙です。

人間魚雷回天を始めとして、

小型特攻ボート・震洋や人間機雷・伏龍などの多くの

特攻兵器の開発を主導した黒島亀人海軍少将は、

戦後も生き残り72歳で天寿を全うしています。

若者を死なせた人間がのうのうと生きてしまうとは・・・

ネットの反応

・どうしてこうなってしまったんだろうな

・黒島亀人は人間のクズだから

・昔から日本の上に立つ人間はこんなのばっかり

・訓練での事故死とか出撃時に死ぬとか悲しすぎる

戦後、黒島亀人海軍少将は証拠隠滅を図って生き残りました

今も昔もやっていることは同じですね・・・