『ママ、大丈夫だよ。ここでも良いよ』最後に1度、4歳の少年は目を開いて4文字の言葉を囁いた。その瞬間、涙を堪えることができなかった‥

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

息子が病気に‥

アメリカのメリーランド州に住んでいる、

ルース・スカーリーさんと息子のノーラン君。

ノーラン君が病気を発症したのは、2歳の時で、

病名は「横紋筋肉腫」と呼ばれる悪性腫瘍でした。

その1年半後….

それから4歳になったばかりのノーラン君は、

母親であるルースさんの腕の中で静かに息を引き取りました。

ルースさんは、その最期の様子を

Facebookに綴って、話題になっています。

その内容とは。

ノーラン君の病気は….

ノーラン君の病気は転移も早く、

あらゆる治療にも耐性を示すために、

医師から治療は困難だと告げられたそうです。

そして、急速に衰弱していくノーラン君を

できるだけ苦しませないようにするつもりだ、とも。

ノーラン君との会話

私: プート、もうガンと戦わなくてもいいのよ。

ノーラン: (嬉しそうに)いいの?でもママのために続けるよ!

私: えっプート!これまでの治療もずっと頑張っていたの?

ノーラン: そうだよ。

ノーラン君は、母親であるルースさんのために頑張っていることを語りました。

天国しかない

私: ノーラン・レイ、ママの仕事は何?

ノーラン: 僕を守ること!(大きな笑顔で)

私: ママの可愛い子…もうそれはできないの。

あなたを無事安らかに守ることができる場所は天国なのよ。

(私の胸は潰れる思いだった)

ノーラン: じゃあ、天国でママが来るまで遊んでるよ。ママも後から来るんでしょ?

私: もちろんよ!そう簡単にママから逃げられないわよ!

ノーラン: ありがとう、ママ!ハンターとブリーとヘンリーと一緒に遊んでくるね!

その翌日。

ルースさんは一晩でもいいから、ノーラン君と一緒に

自宅で過ごしたくて、ホスピスの協力を得ながら帰宅の準備を進めました。

よく眠っていたノーラン君は、目覚めると、ルースさんの手を取って、

『ママ、大丈夫だよ。ここでも良いよ』

と、ルースさんのことを気遣ってくれたそうです。

ノーラン君と共に自宅に帰ったルースさんは、

「ノーラン君のそばをずっと離れない」と約束をしていました。

夜の9時頃シャワーに入っていいか尋ねると、ノーラン君は、

「こっちを見ていれば、ママのことを見ていられるから」と、

バスルームの入り口で横になりました。

そして、深い眠りへ

そしてノーラン君は、そのまま深い眠りへ。

ルースさんがバスルームから出ると、

みんながノーラン君のベッドを囲んで、涙を浮かべていました。

「ルースさん、ノーラン君は深い眠りについています。

もう何も感じていないようです。」

そんな状況なのに‥。忘れられない奇跡が

呼吸をするのも苦しそうなノーラン君の

右頬に手を添えると、ノーラン君は目を開けて微笑み、

『I love you mommy. (ママ、愛してる)』

と言ってくれたのだそうです。

11時54分、ノーラン君はルースさんがそっと耳元で

「ユー・アー・マイ・サンシャイン」を歌う中で、

静かに息を引き取ったそうです。