【炎上】 テリー伊藤「生活保護費でパチンコ行く事の何が悪い。受給者にも楽しみは必要だろ」発言でアナウンサーと口論に…番組には批判殺到…

動画, 大炎上, 衝撃, 話題

15日放送の「白熱ライブ ビビット 」(TBS系)で、

出演者の過半数が生活保護受給者の

パチンコ を認めると意見した。

番組では、大分県別府市が、

パチンコや競輪を理由に一部の生活保護受給者に

生活保護費の一部支給を停止したことに対し、

弁護士グループが「違法」との

意見書を提出した話題を取り上げた。

別府市役所の担当課長によると、別府市は

生活保護費の受給率が大分県内では断トツであり、

中には朝から晩までパチンコに行っている人もいるという。

そこで、番組では

「パチンコで生活保護費の支給停止 賛成? 反対?」

をトークテーマにしたところ、

出演者7人のうち6人が「反対」だった。

唯一、井上貴博アナウンサーだけが「賛成」だった。

「パチンコで生活保護費の支給停止」に

「賛成」の井上アナは、

「(税金を)パチンコに使っている

時間を仕事に使うとか(しないと)

理解を得られないんじゃないか」

と意見した。

すると、「反対」のテリー伊藤 は

「仕事したくてもできない方がいる」と反論する。

また、「僕は、例えばイケメンのいるカラオケに

奥さんやおばあちゃんが行ったっていいと思う。

そこで、明日もまた生きていくんだってなる」と話し、

生活保護費を受給していようと

「別にストリップ行ったっていい」

「その人が、それで活力になれば」と持論を展開した。

これに、井上アナが

「何してもいいということですか?」と

追及すると、テリーは「だから、何が悪いのかなって」

「生活保護受けているんだから、そんな自由なこと

すんじゃないという規制の方が、よっぽど住みにくくなる」と主張した。

また松江仁美弁護士は、生活保護は「権利」だと主張し、

「どうしても生活保護を恩恵として考えている。

恩恵で生かさしてもらっている人がパチンコなんて、

もってのほかというね。こういう議論では何もスタートしない」と指摘した。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!