小学校4年生の算数の問題 ぱっと見、簡単そうだが….これは解けないとヤバい!?

びっくり, 衝撃, 話題

【正解と解説】

全て足せば、正方形の3辺の長さが求められます。

つまり、『8+25+3=36』となるわけです。

そして、この36を3で割れば1辺の長さが割り出されます!

1辺の長さは「12㎝」とわかりました。

もう一度、問題の図をご覧ください。

・小さい正方形

一辺の長さ:12-8=4  面積:4×4=16

・中くらいの正方形

一辺の長さ:12-3=9  面積:9×9=81

・大きい正方形

一辺の長さ:12 面積:12×12=144

あとはこの3つの合計(16+81+144)を足せば、241となります。

そう答えは「241」でした!

ええ..と、ついていけましたでしょうか?

これが小学4年生の算数でした。恐るべし算数..。

寂しい限りですが、大人になると算数の能力が、

ほとんど消え去っているようですね。

小学生のお子さんのいる方は、

テストで勝負してみてはいかがでしょうか?^^;

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

びっくり, 衝撃, 話題