誤って女性車両に乗ってしまった男性に「降りろ」と責めるおばさん。しかし隣にいたOLの発言におばさんタジタジ….

衝撃, 話題

誰しも生きていれば、時に予期せぬミスを犯してしまうもの。

しかし現代社会に生きる人の中には、

神経過敏になりすぎて、些細な失敗でさえも

受け入れられずに他人のミスを責め立て続ける人も多い様に感じます。

「女性専用車両」というものをご存知でしょうか?

通勤ラッシュ時などの痴漢やトラブルを防ぐ為に、

特定の時間の乗車時、一部の車両で

女性を優先して乗車させる車両を指します。

遅刻寸前、ダッシュで電車に乗り込もうとする男性。

階段から一番近い車両に乗り込んだのですが・・・

その車両は、なんと女性専用車両。

女性ばかりの車両に乗り込んでしまったのですが、

人の多さから移動もできず、少し気まずそうに

しながら下を向いて次の駅に着くのを待っていました。

しかし・・・

一人のおばさんが、

そんな彼に黙っていることができなかったのです。

「あんた、わざわざ女性専用車両に乗ったでしょ」

「恥ずかしくないの。降りろ。」

大きな声で男性に向けて吐かれた暴言は、

周囲の視線を一気に集めることになります。

「すみません、急いでて間違っちゃって・・・」

気まずそうに言う男性。

しかし大きな声で暴言を吐いたおばさんは、

まだまだ言い足りなそうに、大きすぎる声で

ぼやき続けるのです。

「ホンット、気持ち悪い」

「電車乗れなくなる」

周囲の乗客も、冷ややかな視線を

男性に送っている様に思えます。

扉の方を向き、下を向く男性。

両手は扉にピタッとつけていました。

しかしそれでも、おばさんは周囲に聞こえる声で

ブツブツと男性を責め立てます。

その時でした。

そのおばさんの横に居た、一人のOL女性。

その人が、突然おばさんに話しかけたのです。

「間違っちゃってと言ってますし、

もう責めるのやめませんか?」

「彼も今移動できずに降りれずにで、

どうしようもないんですから」

男性をかばうOL女性。

しかしよほどおばさんは腹が立ってるのでしょうか、

OL女性に言い返します。

「女性専用車両よ?犯罪じゃないこういうの」

「気持ち悪くて無理だわ」

するとすかさず、OL女性が一言。

「犯罪行為じゃありませんよ」

「女性専用車両って書いてあっても、

法律的には男性も乗車して大丈夫なんです」

「でも協力してくださいって鉄道会社が言って、

男性もみんな協力してくれてるだけですよ」

この言葉に、おばさんは反論できず。

OLは、最後の言葉をかけます。

「間違ったって本人も言ってるんですから」

「あなたのせいでかわいそうですよ、この男性が。」

そうして、おばさんとOLのやりとりが終了。

男性は

「すみませんでした。本当にありがとうございます」

と一言声を掛け、次の駅に着いたらすぐに降りていきました。

女性専用車両は、法律上は男性も乗車可能な車両です。
しかし、ほとんどの男性は、しっかりと

鉄道会社の訴えに賛同して、女性専用車両を避けて乗車しています。

もちろん、駅員の制止も聞かず、

「あえて」女性専用車両を乗車してくる人は、

責められるべきでしょう。

しかし間違って乗車してしまった様な人に、

この様な形で暴言と共に責め続けるというのは、

社会の歪みの一つの原因になってしまうのではないでしょうか。

女性専用車両というルールも、「思いやり」が

ベースとなって成り立っています。

それであれば、このOL女性の対応の様に、

「思いやり」の気持ちをみんなが持つ事が

重要なのではないでしょうか。