誰もが諦めてしまうほど全身を腫瘍に侵された野良犬。諦めない女性の看病により奇跡的に回復する姿に涙….

衝撃, 話題

写真に写るのはメキシコの首都で発見された野良犬。

メキシコは野良犬がとても多い国。

メキシコの住人にとって野良犬が街中を

うろついているのは日常のこと。

しかし、住民からみても

この野良犬の状態はとても痛ましい状態でした。

この野良犬を発見した住人はすぐに動物保護活動を

しているダリア・ガメズさんという女性に連絡を入れ、

保護してもらうことに。

野良犬の体はガリガリにやせ細り、全身には

数え切れないほどの腫瘍があり、

穴が空いているものもありました。

野良犬同士からも遠ざけられ、群れからも外されて

満足に餌も食べることができていない様子。

ダリアさんはこの犬を保護すると、

急いで動物病院へと向かいます。

ボビーと名付けられたこの犬を獣医は慎重に検査をすると、

ボビーは推定2歳のオスで、

癌性腫瘍に侵されていることが判明。

治療する体力すらないボビーにダリアさんは

自宅で美味しい食事を与え懸命に介抱し続けます。

癌性腫瘍の増殖スピードはとても早く、症状もすぐに

悪化するため一刻も早く化学療法や放射線療法を行う必要があったのです。

2ヶ月間で8回ほ化学療法が施されますが、

副作用が強いため相当な苦しみが襲います。

ダリアさんはどうかボビーの体がもって欲しいと

祈りを捧げながらも懸命に見守ります。

ボビーとダリアさんにとってとても辛い時期ではありますが、

このことによって絆が深まったのです。

そして、その後。

そしてその後。完治が難しいと言われている

癌性腫瘍でしたが、ボビーの回復力によってなんとか完治しました。

このことをfacebookにアップしたダリアさん。

facebookユーザーからはボビーを

一目見たいと行列ができてしまいました。

そして、ボビーを苦しめた腫瘍はもうありません。

ダリアさんはボビーの回復を間近で見ていたため、

別れる寂しさを抱えながらも里親を探すことに決めます。

そしてボビーにはすぐに里親が見つかりました。

誰もが諦めてしまうほど全身を腫瘍に侵されながらも

諦めなかったダリアとボビーさん。

2人の絆はとても強いものでしょう。