【悪夢から8年….】東日本大震災の時に支援物資を極秘で届けていた江頭2:50の話題が再び….

感動, 衝撃, 話題

東日本大震災と原発問題で孤立化していた

福島県いわき市に支援物資を極秘で届けていた、

お笑い芸人の江頭2:50。

当初、本人はこの件を公にするつもりはなかったものの、

ツイッターで話題となったのをきっかけに話が広まり、

多くのメディアにも報じられてしまった。

江頭さんは

「言っておくけど、オレはこの話を

するつもりはなかったんだよ。

でも、新聞とかツイッターでいろいろ騒がれてるから、

もうその真相を話すから」

と、支援活動の裏側を話すのは本意ではないと

前置きした上で、今回の顛末を語り始めた。

物資を届けようと思い立ったきっかけはNHKで

「いわき市が原発の問題で救援物資が届かない。

しかも老人たちが孤立してる」

との話を聞いたこと。

その瞬間、

「『エガちゃ?ん…エガちゃん助けて?』

『エガちゃんしかいないよ?』

『エガちゃんの登場だ?』」

といわき市から声が聞こえ、

高田文夫事務所所属の松田健次と

共に同市へ向かおうと決めたそうだ。

しかし、最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。

レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談。

すると運送会社の人を紹介してもらうことができ、

「救援物資を運ぶのにトラックを貸してもらえませんか」

と直談判したところ、

「わかりました。じゃあ好きなトラック乗って行ってください」

と快諾を受け、

2トントラックを無事に借りられたという。

次は資金だが、2トントラックを借りた以上、

物資を満載して届けたいとの思いから、

「風俗に行くためのプール金、アコムから借りて来たんだよ」

と借金したことを告白。

続けて物資の調達はいろいろなところに

相談をしたものの、どこも

「1つか2つくらいしか譲ってくれないって言うんだよ。

もうカチンだろ」

と難航してしまった。

ところが、

マネージャーからの提案で会員制の倉庫型店

「コストコ」の一番上の人に電話をしたところ、

「明日、あるだけの物資、持って行ってください」

との返事をもらい、結果、

水やおむつ、ペーパータオルなどの物資を

「2トン車いっぱいに買える分だけ」購入し、

いわき市へと出発した。

松田の手配により「緊急通行車両確認証明書」を

手に入れていたため、ガソリンの補給なども含め

道中はスムーズだったよう。

向かった先は、いわき市にある老人ホームで、

スタッフからは本当に必要な物資だったと、

何度も何度も感謝されたそうだ。

そして老人ホームを後にしようと車に乗り込むと、

一人の看護師さんが

「あら、あら?え、江頭さんですよね…?

江頭さん?? 江頭さんですよね!?」

と、物資を届けに来たのが江頭であると気付かれ、

看護師さんたちがダーって集まってきて、

「エガちゃん!?エガちゃん!?」

という状態に。

「もうしょうがないじゃん、あ、バレたーーー」

と隠し通すことは諦めて帽子とサングラスを外し、

ポーズを決めながら

「物資送るの遅れてごめんなー!」

などいつもの調子になると、看護師さんたちは

「ゲラゲラ笑ってるんだよ」

と和やかな空気に包まれたそうだ。

江頭は「感動しました」と言われることに対し、

「いや、違うんだよ。ほかの芸能人は

お金をもの凄い金額で募金してるじゃない。

オレはお金ないからさ。体で払ってきただけなんだよ」

と謙虚な姿勢を崩さず、

「オレはちょっとの人間を喜ばせて、

ちょっとの物資だよ。

ながーく何日も何日もボランティアやってる奴に比べたら、

全然大したことじゃないんだよね。

いや正直な話言うと。ほんとなんだよ」

と語っている。

さらに、数日後、借金までしてしまった

江頭はお金がないので、自分のタイツを

Yahooオークションに出品し

28万円で落札されたのを全額被災地に寄付した。