「絶対許してはいけない!!」自撮りのためにイルカの赤ちゃんをたらい回し。その後息絶え世界中から怒り爆発の声….

ムカツク, 怒り, 悲しみ, 衝撃, 話題

アルゼンチンのサンタ・テレシータと

呼ばれるリゾートタウンのビーチで、

人間のエゴによる悲しい事件が起きました。

なんとビーチに流れ着いたイルカの赤ちゃんが

海から引き上げられ、観光客たちの

自撮りの材料として使われ続け、

命を落としてしまうという悲劇。

この悲劇は各メディアで報道され、

世界中から当事者たちに対し批難の声が殺到することに。

このイルカは、野生では3万頭ほどしか生息していない

「ラプラタカワイルカ」という種類で、

現在はアルゼンチン、ウルグアイ、ブラジルの

海でしか見かけることのできない希少種だそうです。

ラプラタカワイルカは、他のイルカと同様に

体がとても厚い脂肪で覆われています。

そのため、強い日差しが照りつけるビーチに

揚げられてしまったことが原因で、脱水症状を

起こしてしまい、命を落としてしまったと報じられています。

海から捕獲されたラプラタカワイルカは、

まるでトロフィーや神輿のように持ち上げられ、

一緒に自撮りをしようとする観光客の手へと順々に渡ります。

そして、照りつける日光で脱水症状を起こした

赤ちゃんイルカはどんどんと衰弱していき、

やがて絶命してしまったようです。

そして、憐れなことに赤ちゃんイルカは、

ビーチにうち捨てられるという事態に・・・。

さらに、死んでしまった赤ちゃんイルカを

珍しそうに写真撮影をする光景がSNSにて拡散されています。

こうした人間の自分勝手な行動により

命を落としてしまったイルカに対し、

動物愛護団体のみならず、多くの人が憤りの声を挙げました。

◯赤ちゃんイルカを殺したこの人たちに激怒するのと同時にギョッとするわ。

◯愚かな人間こそ環境への最大の害

◯これはひどすぎる。

といった批判がされ、

欧米の各メディアはこの出来事を

大々的に報道したようです。

この事件を受け、アルゼンチン野生生物基金は、

「もし浜辺に打ち上げられているイルカを見かけたら、

すぐに海に返してあげるように」との

忠告文を発表したようです。

赤ちゃんイルカがたくさんの人に囲まれて

写真を撮られている姿を見たとき、

胸が締め付けられるようで、とても苦しくなります。

自分勝手な思いで弱い者の命を弄ぶことは、

決して許されることではありません。

皆さんもビーチでイルカを見つけた時、

写真を撮るよりも、まずは水に戻してげることを

優先してくださいね。