【酷い….】犬の口に粘着テープをぐるぐる巻きにした人間の愚行!犬の悲惨な姿に目をそむけたくなる….

びっくり, ムカツク, 衝撃, 話題

人間というのは、動物に対して虐待をすることがあります。

それは理解ができないレベルにまで達していることもあり、

動物の命を奪うもの、動物をいたぶるものなどがあります。

自分よりも弱く抵抗できない動物を虐待して、何が楽しいのか。

虐待をする人の気持ちが、全く理解できません。

さて、今回はちょっと見るのが辛いのですが、

こんな虐待が起きていたという事実を知っていただきたく、

ご紹介させてもらいたいものがあります。

それは、犬の口を粘着テープでぐるぐる巻きにするという、

恐ろしい虐待です。

実際に画像もありますので、

その悲惨さをその目で見ていただければと思います。

最初に犬を見つけたのは、ベトナムで活動をする動物権利活動家の方でした。

彼はその犬の姿を見て、絶句します。

なんと、犬の口の周りには粘着テープが

ぐるぐる巻きになっていたからです。

それは、人間が頑張っても取ることができないくらいに、

きつく巻かれていました。

つまり、犬は口を開けることもできませんし、

動かせる状態でもありません。

あまりにも恐ろしい虐待を目にし、恐怖を感じた彼。

いや、本当に恐怖を感じ続けていたのは、この犬でしょう。

この犬はすぐに保護されたのですが、

その後もずっと怯えていました。

もう人間を信じることなどできないといった状態です。

粘着テープを巻かれたまま、長い時間を過ごしてきた

ようなので、飲むことも食べることもできなかった犬。

その体はとてもやせ細っており、かなり衰弱しているのが分かりました。

そして驚くべきは、ぐるぐる巻きになった粘着テープは、

犬の骨にまで達していたという事実です。

保護された犬の様子は?

犬は保護されてすぐに、動物病院に連れて行かれることになりました。

そして、口の周りに食い込んでいる粘着テープを、

ちょっとずつ時間をかけながら丁寧に取り除いていきます。

こうやって犬の口から粘着テープをとっていくと、

被毛と肉を切り裂き骨にまで達していることが発覚しました。

骨にまで粘着テープが食い込むとは、

どれだけ痛い思いをしてきたのか・・・

想像するだけで、虐待をした人間を許せない気持ちが湧いてきます。

さて、保護された犬は『ラッキー』という名前が付けられました。

ラッキーは久しぶりにまともなご飯を食べることができました。

ご飯を食べた後は、口元をしっかりと包帯で保護していきます。

そのままにすると、そこから感染症になる

可能性があるので、しっかりと処置をしていきます。

それから数日間かけて、ラッキーは少しずつ

順調に回復を見せてくれました。

その結果・・・

ボロボロになっていたラッキーの毛並みは、

とてもキレイな状態に戻ってきました。

それから更に日が経ち、ラッキーの体はとても元気に回復しました。

まだ口の周りには傷が残っていますが、

元気に走り回ったりすることもできます。

さらには、人間の膝の上に乗って抱っこされるのが

好きになるまで、人間への恐怖心も取り除かれたようです。

きっとあの時、ラッキーを発見していなければ、

今は無残な姿になっていた可能性があります。

そして、ラッキーを虐待した人間は見つかっていません。

何も証拠がないので、今後も見つける事は難しいとされています。

最低な行為をした人間のせいで、ラッキーは

心身ともに傷つけられてしまいました。

しかし・・・

そんなラッキーを助け出したのも、同じ人間です。

ラッキーが、信頼できる人間を見つけて、

心から癒される時間を過ごせる事を願っています。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!