散歩中、飼い犬に虐待する男。辺りに血は飛び散り、残酷な様子を目にした男性が飼い主に犬を手放すよう抗議する。

びっくり, ムカツク, 大炎上, 怒り, 衝撃, 話題

イギリス・イングランドの都市、

リヴァプールの商店街を歩く初老の男性と飼い犬。

一見、どこにでもある微笑ましい光景でしたが、

すぐに一変します。

飼い主は立ち止まり、

コーギーとジャックラッセルの

ミックス犬を蹴り上げたのです。

3匹の犬を飼っている商店主のミシェルさんが

店を閉めて店内にいたとき、2~3回犬の鳴き声が

聞こえたと言います。

ミシェルさんが外に出たとき、すでに犬は蹴られた後で、

歩道には犬の血が飛び散っていました。

そして、ミシェルさんは飼い主に

その犬を手放して渡すように迫ります。

犬も明らかに男を怖がっており、

普段から虐待されていることは明白でした。

この一連の虐待行為は通行人によって撮影されており、

男が集まった人々に暴言を吐いている様子も映されていました。

午後4時半ごろに起きた衝撃的な事件は、

その日のうちFacebook上に拡散されます。

映像には、犬は男に蹴られた衝撃で空中に舞い上がり

地面に叩きつけられており、言い逃れのできない

確たる証拠が残っていました。

ほかにも目撃者は多数おり、皆一様に犬が死ぬほどの

蹴りを入れるとは何事か!と抗議しています。

商店主のミシェルさんの説得により、

男は飼い犬を手放しました。そしてその晩は

ミシェルさんの自宅で犬は過ごすことになります。

事件を知った「英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)」は、

「この犬の状態をチェックしなければいけない」

とミシェルさんに伝えました。

実は、ミシェルさんは救出した犬に

「スコーンヘッド」と名前まで付けていて、

自分の家族に迎えるつもりだったのです。

スコーンヘッドを手放したくない気持ちの中、

ミシェルさんはRSPCAに手渡すことに同意しました。

RSPCAは現在、警察と連携して虐待犯人の捜査を行っています。

スコーンヘッドを手放して悲しい気持ちで

過ごしていたミシェルさんに、グッドニュースが入ります。

なんと、商店街の数件先でカフェを営む女性、

ケリーさんがスコーンヘッドの里親になったのです。

これだけ近ければ毎日でもスコーンヘッドに会いに行けます。

ケリーさんはスコーンヘッドに「ミック」と

新しい名前を付け、これからのミックの犬生を

素晴らしいものにしてあげたい、と語りました。