戦地で大勢を救ってきた軍用犬。任務が終わると安楽死させられることに。兵士らが犬を救うために請願書を提出する….

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

かつてアフガニスタンで無数の命を救ってきた

イギリスの軍用犬2匹が、里子に出すことが

困難との理由で殺されようとしていました。

ベルジャン・シェパードの「ケビン」と「ダズ」は、

ヘルマンド州で爆発物探知犬として活躍した後、

4年前に引退しました。

その後彼らは「安全ではない」との理由で

安楽死に処せられることになったのです。

これに対して兵士や飼育係たちは決定の変更を請願。

引退した2匹が飼育されているレスターシャーの

国防動物センター宛に請願書を送り、彼らの助命を訴え他のです。

英国防省のスポークスマンは、こう語りました。

「できることなら里子に出して余生を過ごさせてやりたい。

ですが残念ながら、無理だと判断しました」

請願書の発起人である元SASのアンディ・マクナブ氏は、

ケビンとダズ(ともに9歳)のほか、同じく安楽死処分が

決定された元警察犬のドライバーの命も救おうとしています。

「ケビン、ダズ、ドライバーのような犬たちは現役中には

資産として扱われますが、引退すればそれ以上の存在になります。

彼らには借りがあります。命を助け、家を見つけてやらねばなりません」

こう話すマクナブ氏。

そして、犬たちのその後とは。

彼が特殊空挺部隊に所属していた当時、犬たちは

爆発物の臭いをかぎ当て無数の命を救ってきたといいます。

「アフガニスタンでパトロール中、犬が目の前の爆弾を見つけてくれました。

私は隊列の3番目にいたので、生き残れたのは本当に幸運だったのです」

英軍では現在400匹の軍用犬が飼育されています。

犬たちは北アイルランド、アフガニスタン、イラク、

コソボ、ボスニアといった地域で爆発物探知、麻薬探知、

安全なルートの確認といった任務についています。

犬が現役を引退すると、犬訓練部隊の訓練士のもとへ送られ、

民間へ里子に出す準備として”脱訓練”が行われます。

今後は働く必要などなく、リラックスしていいのだということを教え、

町中でも落ち着いていられるようしつけるのです。

こうして里子に出せるかどうかその適性が評価されます。

多くの犬たちが元軍人や一般人たちによって引き取られていますが、

その訓練は厳格なもので、すべての犬が里子に出しても

問題ないと判断されるわけではありません。

脱訓練の最後に老犬、危険、基準を下回る、

病気といった理由で不適格と判断された場合は、

安楽死させられることにな流のです。

アンディ・マクナブはネット上でダズたちを救う為の

署名を集め、その後37万人以上の署名が集まり、

ケビンとダズとドライバーは安楽死を免れたそうです。