【自衛隊に温かいご飯を!】 被災地で自衛隊員が炊き出しを食べると一部の被災者からクレーム!

びっくり, 衝撃, 話題

『自衛隊に温かいご飯を!』

被災地で自衛隊員が炊き出しを食べると

一部の被災者からクレーム!?

『自衛隊に温かいご飯を!』

被災地で体を動かす自衛隊員にとって、

3,500~4,000キロカロリーは絶対に必要ですが、

しかし、自衛隊員が車の中でひっそりと冷たい缶詰しか食べないです。

なぜ自分たちでつくった炊き出しを食べないのか…。

この写真は東日本大震災で撮影された衝撃的な様子。

そういえば自衛隊が食事する風景を見たことがないと思ったら、

実は被災者に配慮してこっそりと隠れて食事をとっていたのだ。

こうなった背景には炊き出しを食べると一部の被災者から

ひどくクレームがくるという事情があるようだ。

▼炊き出しをつくる自衛隊員。自分たちは一口も食べない。

▼自衛隊員のご飯はこちら。

約3年が経った今も現状は変わっていない。

その元凶は自衛隊を敵視するクレーマーではないか。

「カレーライスは住民の手で。迷彩服は学校に来ないで」

と学校前で活動する変な団体。

被災地で自衛隊に助けてもらっているにもかかわらず

ケチをつけるのはおそらく政治的に偏向した思想を

もつ人だろうから、そんな一部のクレーマーは無視すればいい。

大半の日本国民はもっと良識的で、

相手の事情を慮ることができる人間だ。

自衛隊員が炊き出しを食べているのを目にしても

「お疲れ様です」と思うだけだろう…。