時代の流れによって入れ墨を禁止する銭湯の中で、70年以上営業してきた銭湯だからこその看板に温もりを感じる….

衝撃, 話題

刺青・タトゥー禁止が増える入浴施設

近年のスーパー銭湯などの入浴施設やプールなどでは

刺青・タトゥーを入れた人を入場禁止にする施設が増えました。

平成20年から禁止にした東京サマーランドは、

それ以前は他のプール施設が禁止にしたことで

刺青・タトゥーを入れた客が増えていたそうです。

園内は品評会状態になり、ケンカ等のトラブルも増え、

それを嫌がって敬遠する客が増えたため禁止に踏み切ったとか。

昔から刺青・タトゥーを禁止していない銭湯の看板

一方、昔から刺青・タトゥーを禁止にせず、

トラブルもなくずっと営業してきた銭湯には、こんな看板が!!

ずっとトラブルなく営業してきたからこそ言える内容ですね!!

もちろんトラブルが増えたら禁止にせざるを得なく

なるかもしれませんから、客の振る舞い次第です!

地域の銭湯は、刺青・タトゥーがあるから

入れないのでは困る人もいます。

社会インフラとして、地域性を理解した

人情溢れる営業方針ですね!!

レジャー施設とは違いますからね!!

ネットの反応

・宮城でも大阪でも住宅街にある銭湯には結構、入れ墨をした人がくる

・マナーさえ守れれば良いことだと思う

・東京サマーランドはトラブルが増えた結果だからな

・銭湯は元々社会インフラなんだから当然のこと

娯楽施設とインフラとしての銭湯では存在意義が違います

銭湯は社会インフラとしてこのままの

営業できるように客の協力も重要です!