【涙腺崩壊】東日本大震災で被災者に罵声を浴びた自衛隊員。その後、物陰で『俺だって家族が見つからないんだ!家族を探しに行きたいんだよ!』と泣き崩れ….

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

東日本大震災でボランティアに行った時の事。

炊き出しに行った際、

避難所で色々やってたら

「俺だって家族が見つからないんだよ!!」

って叫び声が聴こえてきたんだ。

何事かと近付いたら若い自衛隊員が泣き崩れてた。

「こんな所には居たくない。探しに行きたい」

「こっちだって辛いんだよ」

と言って、しゃがみこんで号泣してた。

他の隊員が

「やめろ!何を言うとるんだ!しっかりしろ!」

って怒鳴って立ち上がらせても、

泣いて泣いて止まらず、結局外に連れ出された。

詳細は知らないけど、その後に一部の避難民が

自衛隊の方々に頭下げて謝罪してたから、

きっと被災者に何か酷い事を言われて

そうなっちゃったんだと思う。

みんな心に余裕がないから、ボランティアの

俺ですら暴言を浴びたこともある。

それに耐えられなかったんだろうね。

東日本大震災!津波で家族を亡くした自衛官

移動しようと外に出たら、避難所の前で

その隊員が偉い人に怒られてた。

彼はまだ泣いてたし、偉い人も泣いてた。

俺が所属してる団体でも

「自分達が感情的になってはいけない」

と教えられるくらいだから、

きっと彼は間違っている。

だから怒られるんだろうけど、自分個人の感情としては

彼は何も間違ってないし、立派な人だと思った。

大切な人の安否が分からない中でどうして冷静でいられようか?

ネット上の声

自衛隊員だって一人の人間。

いまだに『税金泥棒』だとか言っている人は考えてほしい。

一体、彼らが被災地でどれだけの死と向き合ってきたかを。

それで対応がずさんだとか言ってるやつがいたら

ブンな殴ってやりたい気持ちです。

この前自衛隊の方が私たちは「税金泥棒」と

言われている時が一番いいと言っていました、

なぜなら我々が必要な時は何か大変な事が起きている時だからと。

本当に素晴らしい方たちだと思いました。

当たり前だよ!彼等とて人の子、家族も友人も恋人もいる。

その大切な人々が被災し安否もわからないと

あっては冷静でいろと言うのが酷な話だ。

彼を責めた同僚や先輩や上官とて、本当は泣き叫びたかったに違いない。

立場上公務上は服務規程違反になるかも知れないが、

彼の心中は人として当たり前過ぎる。

どうして責められようか?

あの日救援にあたった各位も多くは同じ思いを秘めていた。

決して口にも顔にも出さなかったとしても、心中は号泣状態だっただろう。

改めてあの日犠牲となった数多の御霊に謹んで

哀悼の意を表すと共にあの日あの時救援に当たり今も

復興に尽力されている関係各位に御礼を申し上げる。

自衛隊員ってのは緊急時、普通の人々なら

自分の家族が心配で飛び出してしまうような状況でも耐えて、

自己を殺して国を守る仕事。

本当に覚悟がいる仕事だろうし頭が上がらない

「赤ちゃん用のミルクが不足している」という

噂を聞きつけた隊員数名が、自分の荷物に粉ミルク缶を

忍ばせてたのを荷物検査で見つかり、上官に

「この粉ミルクは何だ!?」と当然のことながら問い詰められ、

隊員はこぞって 「自分で飲む為です!」と返答。

上官も隊員の意を組んだのか

「そうか、それならば問題無い」

と答えて不問に付したそうです。

その時の彼の心情を思うと、涙が止まらなくなってしまった…

家族の行方も安否もわからず、

不安な気持ちを押し殺したまま任務について…

どれだけ辛かったろう

彼の家族は無事だったんだろうか

無事であって欲しいな…