日本人が北朝鮮に旅行して驚いたこと10選。これはもはや国じゃないと話題に…

衝撃, 話題

日本人が北朝鮮に旅行して驚いたこと10選

北朝鮮へ旅行した日本人はそれほど多くありません。

北朝鮮に入国したことのある日本人は

次のように証言しています。

「パスポートには出入国のスタンプがない。」

日本人の場合、北朝鮮には中国経由で入ることができ、

特殊な用紙に出入国スタンプを押されるため、

北朝鮮に出入国したという情報はパスポートに残りません。

そんな謎多き国、北朝鮮。

今回は日本人が北朝鮮に旅行して驚いたことを紹介します。

①機内食がビックリするほどマズ

ハンバーガーのパンに水分が足りないため、

非常にパサパサしています。

パティも硬く、肉汁が足りないように感じるそうです。

ハンバーガーが非常に冷たくなっていたのも気になります。

温かい状態で出すことができれば

パサつきや肉じるの足りなさをフォローできたかもしれません。

②女子店員さんの10人中10が美人

ホテル、食堂、販売店、観光名所、

あらゆる外国人が行く場所にいる女性が

ことごとく美人だったそうです。

ホテルや観光名所ならば

あえて美人ばかり採用したというのが理解できます。

しかし、普通の食堂やお土産店でも美人ばかりとは・・・

③凍えるほど寒いのに暖房なし

ものすごい寒いのに

全く暖房をつけていない販売店や食堂があった。

建物の中にいれば少なくとも雨風は凌ます。

風をしのげるだけでも十分に幸せという考えなのでしょうか。

しかし、電気が通っていないわけではありません。

節電とはいえ、凍える寒さでは結構厳しいものがありますね。

④冷麺が衝撃を受けるほど美味い

スープもすっきりしているのにダシが効いてて美味しい。

麺に非常にコシがあってとても食べ応えがあるそうです。

噛めば噛むほど味が出てきます。

この冷麺が日本でも食べられるなら最高なのですが・・・

⑤ハマグリのガソリン焼きが意外にも美味しい

北朝鮮の名物料理といえば

ハマグリのガソリン焼きです。

これを食べずして北朝鮮旅行をしたとは言えません。

(と言っている人もいる。)

⑥自由に外を歩けた

北朝鮮は観光客が自由に歩けないと言われていますが

100%絶対にダメというわけではないそうです。

⑦パチンコ屋があった

宿泊したホテルの地下にパチンコ屋があり、

1箱1ドルでパチンコ玉を借りることが出来ます。

パチンコ台は日本の古い機種で店員がスイッチを入れて

電源を入れないと動きません。

客が来ない時は電源を落としているそうです。

また、店員が手で裏側からパチンコ玉を補充していたそうです。

⑧女子小学生がどう考えてもサクラ

外国人が北朝鮮に行くと

政府の指導員とガイドが必ずついてきます。

地下鉄に案内されて使用した際、妙に富裕層な

感じの小学生が地下鉄のホームに入ってきた。

地下鉄の設備を撮影するため、

なかなか電車に乗らず結構ホームで

時間を費やしたそうです。

10数分後、電車が来たので乗ったところ

さっきいた女子小学生が乗って来た。

あれ?なんでまだホームにいたのだろう?

どうして同じ電車に乗ったのか?

しかも、座った席の目の前に座って

こちらをじーっと見ています。

当時はあまり疑いませんでしたが

今思い返すとやはりおかしい…

⑨iPhoneとかiPadを封印される

北朝鮮には携帯電話やインターネット接続機器は

持ち込むことは出来ません。

厳密には持ち込めたとしても袋に封印されて

使用できない状態にされます。

事実、iPhoneとiPadはビニールに包んで

ガムテープでぐるぐる巻きされて封印されたそうです。

2013年3月時点では携帯の持ち込みが

可能になったという情報もありますが

真相は不明のままです。

⑩ハンバーガーは手袋を着用して食べる

北朝鮮にはハンバーガーショップがあり、

ナウなヤングの社交場として使用されています。

ハンバーガーやフライドチキンを

素手で食べる文化がないようで

手が汚れないようにビニールの手袋を着用して

フライドチキンやハンバーガーを掴みます。

外界と途絶された不思議な国、北朝鮮。

北朝鮮に旅行に行くことは比較的簡単だそうです。

しかし、まだまだ日本からの観光客は

それほど多くありません。

もし、そんな北朝鮮に興味を持たれたら

驚きと知見のある旅をしてみてはいかがでしょうか。

ネットでの反応

・絶対行きたくない!恐すぎ!

・よく旅行で行こうと思ったな

・小学生のハニートラップだと?…