【心に刺さる….】嫌なら辞めなさい。勉強は贅沢なんだから。林修先生の15の言葉が心に刺さる….

素敵, 衝撃, 話題

(1)

人生は1つ

勝てるものがあるだけでいい。

他は全て負けでいい。

 

(2)

自信がないと言う人は

まず、自分はやれる

と信じ込むことです。

 

(3)

自己主張は

「相手を肯定する」

ことから始めよう。

 

(4)

これは勝てるという場所を

1つ見つけてしまえば

人生は大きく開けます。

 

(5)

嫌なら辞めなさい。

勉強は贅沢なんだから。

 

(6)

多くの人が

「時間が足りない」と言います。

しかし、

そもそも時間は足りないものなのです。

 

(7)

結局人間って

誰をライバルとするかで決まる。

 

(8)

勉強はしてもしなくてもどっちでもいい。

ただ、

解決力と創造力は

社会に生きていくうえで必要。

 

(9)

僕は自分が勝てる分野でしか

勝負しないんで。

できない事は

できませんって平気で言いますから。

 

(10)
これから一か月間頑張れ。

そうすればこれからの人生が変わる。

一ヶ月頑張る人間は

一年頑張ることができる。

一年頑張る人間は

10年頑張ることができる。

10年頑張る人間は一生頑張るから。

 

(11)

この人自分のことを

分かってくれているんだって思う人の話は

人間聞こうとしますから

コミュニケーションというのは

コミュニケーションが始まる前に

大体決着している。

 

(12)

強く反発するタイプほど

逆に仲間になった時には

強力にいい援軍になる。

 

(13)

自分がいかに

恵まれているかも分からない人間が

勉強したって意味ない。

 

(14)

いろんなことをやって、

負ける経験がなければ、

「勝てる場所」は見つからない。

 

(15)

勝者ではなく敗者に注目すること。

敗因には普遍性があり、

敗者は負けるべくして負けています。

決断力のなさ、情報収集の甘さ、慢心など

反面教師として学べる点が多いのです。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!