【頑張ったね….】ワイヤーで両手足を縛られゴミ箱に捨てられた犬….四肢を失うも前向きに生き、今では人を癒すセラピー犬として活躍する

悲しみ, 衝撃, 話題

四肢をワイヤーで縛られた状態でゴミ箱に

捨てられていたゴールデン・レトリバーが、

四肢切断という辛い出来事を乗り越え、

現在はセラピー犬として多くの人々を癒す存在に

なっていると海外メディアが伝えました。

ゴールデン・レトリバーの“チチ(Chi Chi)”は、

韓国でゴミ箱の中にいたところを動物救済・保護団体

「Animal Rescue, Media&Education、以下ARME」

に救われました。

しかしワイヤーで縛られていたチチの四肢は壊死を

起こしており、4本とも切断を余儀なくされたのです。

チチの四肢切断手術後の様子がARMEのFacebookに

投稿されたことで、それを見た米アリゾナ州

フェニックス在住のエリザベス・ハウエルさんは、

チチが再び歩くことができるようになるのか

分からない状況でありながらも

「この犬を引き取りたい」と思ったそうです。

「何度も繰り返してビデオを見ました。

不幸な虐待と酷い怪我にもかかわらず、

チチが尻尾を振っている姿やその目に惹かれました。」

エリザベスさんはすぐに連絡を取り、

チチを引き取りたいと申し出、そして2016年4月、

チチはARMEスタッフの1人に連れられてソウルから

ロサンゼルスへと飛び、車でハウエルさん

一家のもとへとやって来ました。

チチは、エリザベスさんと娘メーガンさん(14歳)にすぐになつきました。

エリザベスさんの夫リチャードさんに慣れるまでには

数週間を要したが、今では強い信頼関係で結ばれており、

リチャードさんはチチの義肢の取り外しを毎日行っています。

チチがやってきた当初は、スポーツ用靴下に

綿を詰めたものを履かせて対応していましたが、

フェニックスの地元で人間の義肢装具士を紹介して

もらったことでチチの義肢は劇的な改善を遂げました。

しかしチチの場合、四肢がそれぞれ違う箇所で

切断されたために、1本ずつ適合する義肢を

作らなければならなかったのです。

その後、獣医の助手によって動物専門の義肢装具士を

見つけることができたため、今年中にはチチのために

特別な義肢をカスタマイズしてもらう予定だといいます。

リチャードさんは障がいのある犬を

引き取ったことについて、このように話しています。

「チチを引き取ることは大変でした。

でも親として、娘に『最良の決断と思われることでも、

それを実行に移すことは決して楽ではない。

時には困難なことでも立ち向かっていかなければならない』

ということを教えることもできました。

今ではチチを引き取ったことは

1,000倍の価値があったと言えますよ。」

そして、一家にとって何よりも嬉しいこととは。

また一家にとって何より嬉しいのは、

苦難を乗り越えたチチが現在はセラピー犬としての資格を得て、

様々な人々に癒しを与える存在になっていることだそうです。

毎週フェニックス中を回り、軍人病院に入院している

退役軍人やアルツハイマーを患う人、読み方を学んでいる

子供たちや身体的なリハビリ療養を受けている

患者たちのもとを訪れるチチが、人々に与える影響の

大きさをハウエルさん夫妻はこのように語っています。

「片脚を切断した女性がいるリハビリ施設を訪れた時に、

彼女が『チチは四肢全てを失ってもこうして

乗り越えているのだから、私だってきっと大丈夫』

と話してくれたんです。

チチの存在は、出会う人全てに『決して諦めなければ、

人生のどん底から這い上がり回復できる』

という希望を与えています。

どんなに辛い出来事に遭ってもそれを受け入れる

ことができれば、前向きに人生を歩むことが

できるのだという強い決意をチチから感じることができるのです。」

人間に虐待を受け、計り知れない苦難を乗り越えた

チチが再び人を信じ、今度は人に癒しを与え

救うという毎日を送っています。

現在チチは歩行に問題はありませんが、四肢の付け根が

痛むようでそれを和らげるために

獣医院で冷却レーザー治療を受けています。

また自己免疫疾患の難病「エリテマトーデス」も抱えており、

そのための薬も一生必要とされているのです。

さらに今後は四肢の付け根に負担がかかるのを

抑える義肢も考えられており、その費用も決して安くはありません。

寄付金サイト『GoFundMe』にアカウントを設置した

ハウエルさん一家は、

「集まったお金は全てチチの義肢や

治療のために使用します。どうか募金を」

と寄付を呼び掛けています。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!