【感動】片足を失ったアイドル。たった一つの夢を追いかけ天国に旅立った彼女が残してくれたものとは….

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

東京の浅草にある、

日本最古の遊園地『浅草花やしき』。

1853年に開園してから約160年・・・

昭和レトロな雰囲気や、民家の間を走り抜ける

ジェットコースターなど、

今でも多くの人たちに愛され続けています。。

花やしき内のステージで、毎週日曜の正午から

華やかなショーを披露しているのは

『 花やしき少女歌劇団』に所属する40人の少女たち。

6歳から18歳までの少女たちが

『清く・正しく・楽しく』を合言葉に芝居や歌を

披露しており、ご当地アイドルとして親しまれています。

そんな『花やしき少女歌劇団』の楽屋には、

2016年3月いっぱいで取り外される予定の

ネームプレートがあります。

書かれている名前は『 木村唯』さん。

写真右側で笑顔を浮かべている、18歳の少女です。

彼女の名前が外される理由は、2つ。

ひとつは、『花やしき少女歌劇団』の年齢制限である

18歳になったこと。

そしてもうひとつは、 唯さんが

2015年の10月に天国へと旅立ってしまったからです。

18歳の短い生涯を閉じた、浅草のアイドル

幼いころから歌手を目指していた、木村唯さん。

9歳の頃『花やしき少女歌劇団』に入団し、

パフォーマンスを繰り広げていました。

↓限定で今だけ、商品0円・送料0円

今だけお急ぎください!

ー完全無料ー

しかし、15歳になったある日…

突然の不幸が唯さんを襲いました。

「お母さん…私、足が痛い」

すぐさま唯さんを病院へ連れていったお母さん。

医師から告げられたのは…。

「小児がんによる、横紋筋肉腫です。

抗がん剤による治療を受けましょう」

『横紋筋肉腫』とは、骨や筋肉、

脂肪などに悪性腫瘍ができる病気。

転移しやすいうえ、詳細な原因は判明していません。

そして、3年にわたる闘病生活が幕を開けた…

抗がん剤による嘔吐や食欲不振に苦しめられ、

髪の毛も抜け落ちてきた唯さん。

しかし、彼女には強い意志がありました。

「絶対花やしきに戻る。

そして、あのステージで歌う!」

その思いを胸に頑張っていたある日、

さらに辛い現実が彼女を襲います。

「抗がん剤による治療を続け残り少ない余命を送るか、

転移を防ぐために右足切断の手術を受けるか…選んでください」

舞台人であると同時に15歳の女の子である

唯さんにとって、足を切断するというのは

想像に耐えがたい苦痛に違いありません。

しかし、ここで手術を受けなければ

回復する可能性はないかもしれない…。

悩んだ末、彼女は自ら医師にこう言いました。

「私、手術を受けます!」

そう決意したものの、

彼女にはひとつだけ心残りがありました。

「手術を受ける前に、もう一度だけ

ステージに立ちたい!みんなと歌いたい…!」

その願いを知った周囲の人たちは、

唯さんが再びステージに立てるよう協力しました。

その後、唯さんはステージに復帰できることになったのです。

再び訪れた、みんなと一緒のステージ

お母さんの押す車いすで楽屋入りすると、

体温を測り体調をチェック。

問題がないことを確認すると、

車輪付きのパイプ椅子に移りステージへと向かいました。

念願のステージ復帰に、唯さんは笑顔で

歌を披露しました。

椅子に座ったままでのステージとなりましたが、

その気持ちはお客さんたちに十分伝わったことでしょう。

ついに迎えた、手術の日…

2013年7月、10時間にも及ぶ手術に耐えた唯さん。

腫瘍があった右足を切断し、あとは

リハビリを受けるだけかと思われました。

しかしその半年後…

医師から厳しい言葉が告げられました。

「がんが、肺や気管支に転移しています…」

きっと命は長くない…

そう言われたも同然であろう、この宣告。

そんな状況で唯さんは、

ステージに立ち続けることを選びました。

「足がない私を見て、お客さんが

嫌な気持ちになったらどうしよう…」

そんな不安を抱きつつ迎えた、久しぶりのステージ。

しかし、彼女を待っていたのはメンバーの笑顔と、

お客さんの温かい声援でした。

「おかえり!」「待ってたよ!」

その言葉に、彼女がどれだけ救われたことでしょう。

再び入院するその日まで笑顔で歌い続けた唯さんですが、

2015年の10月14日…唯さんは天国へと旅立っていきました。

唯さんは入院中、お母さんにこう話していたそうです。

「ママ、私を可哀想だなんて思わないで。

可哀想なんて思われたくない。私、幸せだから」

突然病気に襲われ右足を失っても、

ステージで踊ることができなくても、

彼女は大好きな人たちに囲まれ

幸せだったのではないでしょうか。

きっと唯さんは、今も笑顔で歌っていることでしょう。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!