両親に「右手がない」為に捨てられた赤ちゃん。しかしその4年後”運命的”な出会いを果たすことに….

泣ける, 衝撃, 話題

カザフスタンの孤児院で育った

男の子のキリル君は、生まれつき右手がありませんでした。

実はキリル君は、この障がいによって

生後20日の時に両親から捨てられてしまったのです。

実はカザフスタンでは、障がいを持った

子どもが孤児院に預けられても養子として

引き取ってくれる方が少ないのだそうです。

そういったことから、孤児院の職員たちも

キリル君に新しい家族が見つかる可能性は

低いだろうと思っていました。

運命の出会い

そんなある日、カナダ人夫婦のデイブさんと

レスリー・フェイシーさんが孤児院を訪れた時、

「是非、キリル君を引き取らせてほしい」

と申し出たのです。

職員はまた捨てられてしまうことを危惧して

「本当に手が1つしかない子どもでも大丈夫なのですか?」

と聞きますが、ご夫婦は固く決意をしていました。

こうしてカナダに夫婦とキリル君がやってきて、

新しい生活が始まったのですが、

ここで運命的な出会いを果たします。

その人物はデイブさんの父親でした。

実は彼も生まれつき手が1つしかなかったのです。

デイブさんの父親は、何も言わずに膝をついて

右腕を差し出し、その姿を見たキリル君は

嬉しそうに握り返しました。

きっとキリル君にとっても特別な時間だったことでしょう。

両親に見捨てられて辛い想いをしていた

キリル君ですが、こうして優しい家族に囲まれて

暮らすことになって本当に良かったです。

その後のキリル君は、とにかく目を見張る成長を遂げていきました。

日々英語が上達していき、新しい友達もできたそうで、

障がいに対する万全なサポートも受けられるようになりました。

今回キリル君を引き取ったデイブさんは…

「僕の父親は尊敬されるビジネスマンだし、

過去にはパラリンピックにも出場したことがあるんだ!

だからやる気があれば人生何でもできるようになるし、

楽しむことだってできる…

というのを父親から教わったんだ」

と語っていました。

きっとキリル君は、これからも心優しい家族に

囲まれて幸せに楽しく過ごしていくことでしょう!

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

泣ける, 衝撃, 話題