飛行機で着席した若いママが突然、隣の女性に赤ん坊をとられる。しかしその行為に心から感謝することに。

ほっこり, 衝撃, 話題

赤ん坊を連れて飛行機に乗ることはとても困難なこと。

どうしても赤ん坊はグズってしまい、

飛行機という密な空間であっても

泣き出してしまいます。

すると周囲から厳しい視線が送られ、

ママは肩身の狭い思いをすることになります。

そういったストレスがあるために、

遠出することが億劫になってしまう

ママたちも多いのではないでしょうか。

しかし、中にはそういった悩みを持つ

ママたちを手助けする人間もいるのです。

今回ご紹介するのは、

飛行機の中で起きた心温まるエピソード。

アメリカのアラバマ州フォート・ルッカーに住む

看護師、リベッカ・グラヴィソンさんが

飛行機の中で経験した心温まるエピソードが

Facebookを中心に大きな話題を集めました。

結婚して1年を迎えたリベッカさんとニックさん夫婦。

2人の間に娘ライリーが生まれた現在、幸せの絶頂でした。

ニックさんの職業は消防士。

多忙なため、自宅にいないことが多いのだそうです。

そんなニックさんを驚かせようと

リベッカさんは、娘ライリーと共に

ニックさんを訪ねる旅を計画していました。

ライリーにとっては今回が初フライト。

小さい赤ん坊を連れての旅行は不安でした。

しかしリベッカさんは

飛行機の機内で驚くべき経験します。

そして、その日起きたことを

Facebookに投稿しました。

「今日信じられないことが起きて、

伝えきれないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。

小さな子どもを連れて旅行したことある人なら、

あのストレスが分かると思います。

私は今日、世の中には本当に親切で、

本当に素晴らしい人たちがいるってことを

改めて感じました。

私は、ニックを驚かせるために、

この旅を長いこと計画していました。

でもライリーを連れて、大きな荷物を抱えて、

2人きりで飛行機に乗ることにとても緊張していました。

そして午前5:30に搭乗した飛行機は満席で、

とても静かだったのです。

私の横の席に座っていたのはカップル。

隣に赤ん坊を連れた私が座ると

うっとうしそうな表情をされたのです。

すぐに隣にライリーがいることが

気に入らないことが伝わりました。

私はその反応にさらに緊張してしまったのです。

そして飛行機が動き出すと同時に、

ライリーが泣き始めてしまいました。

私は居心地が悪く、添乗員の人に

2列前の2席連続して空いている席に

移ってもいいか聞きました。

乗務員は「どうぞ」と席を誘導してくれたため、

すぐにそっちへ移動。

そこで、私たちは素晴らしい女性と出会ったのです!

席を移った後も、ライリーは

なかなか泣き止んでくれません。

女性は、私が緊張しているのに気づいてくれたのか、

「私にやらせてくれないかしら」

と声をかけてくれました。

私は言われるがままにライリーを彼女に渡すと、

ライリーはすぐに泣き止んだのです。

飛行機が離陸すると同時にライリーは眠り、

その女性の膝の上でずっと寝ていました。

着陸後、飛行機から降りる時もライリーは

この女性の腕の中で眠り続けました。

おかげで私はスーツケースと車のベビーシートを

1つに組み合わせるのに、

それほど苦労することもなかったのです。

彼女の名前はナイフェーシャ・ミラー。

私の家族がどれだけあなたに感謝したことか。

他の乗客のように、赤ん坊の泣き声に

苛ついてもよかったのに。

あなたがライリーを抱いてくれたことで、

私は暫く休息を取ることができました。

寝ている私の赤ちゃんをあなたが

抱いているのを見て、涙が出そうでした。

ライリーとの初フライトがうまくいったことと、

あなたの大きな思いやりが信じられなかった。

本当にありがとう!」

リベッカさんは、その日あったばかりの

人の無償の優しさに感激したそうです。

そして、驚いたことに、帰りのフライトでも

再びナイフェーシャさんと遭遇!

すぐさま彼女は連絡先を交換し、

交友関係を続けているのだそうです。

赤ん坊の泣き声に苛立つ人が多い世の中、

彼女のように優しさを振舞ってくれる人間は、

子育て中のママたちにとってどれだけ

救いになるか計り知れません。

赤ん坊を連れて行動することはとても大変です。

このように無償な優しさを贈れる人間が

どんどんと増えていき、ママ達が子育てを

しやすい世の中になることを願っています♩