【怒り….】飼い主によって病気のまま、閉じ込められ餓死寸前のところを助け出されるが…..

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

インドネシア・バリにある獣医クリニックで、

目を覆いたくなるほどに悲惨な姿に変わり果てた

犬が発見されました。

病気を放置され、食べ物を与えられず、

餓死寸前の状態でケージに閉じ込められていた一匹の犬。

「タンタン」と呼ばれる、雄のピットブルです。

彼は元々ペットとしていて暮らしていましたが、

ある日飼い主にクリニックに連れてこられた際に

置き去りにされてしまいました。

そしてタンタンが置きざりにされた

クリニックの獣医もまた、「お金をもらっていない」

という理由から、彼に何の処置もしないまま

檻の中に閉じ込めてしまったのです。

病気のまま放置され、餌すらも与えられない日々。

もはやこれまでかと思われるような絶望的状況を

生きていたタンタンでしたが、そんな彼にある日、

救いの手が差し伸べられることとなったのです。

衰弱したタンタン

バリにある犬の保護団体である

Bali Dog Adoption and Rehabilitation Centre (BARC)

に連絡が入ったのは2016年8月の事です。

「タンタンが獣医クリニックで衰弱している」という

知らせが、Facebookを通じて所長の

エボニー・オーエン氏の元へ届きました。

そしてそこには、あまりにも悲惨な状態にまで

変わり果ててしまったタンタンの写真が・・・。

「タンタンの写真を見たとき、

わたしたちに何かできることがあるはずだ、と思いました。

彼は衰弱しきっていて今にも命を落としそうな

状況でしたので、即座に動きました。

この時点では彼がなぜこのような状態

で放って置かれたのか何一つわかっていませんでしたので、

ただひたすらに希望を持って行動するしかありませんでした。」

こうしてオーエンさんは、

タンタンの救出へと動き出したのです。

救出されたタンタン

タンタンを保護したオーエンさんは、

彼を連れてほかの獣医の元へと駆け込みます。

バリのサンセット獣医に連れられたタンタンはすぐに

点滴の処置が施され、餌を与えたりと不眠不休で

彼の世話をしてくれました。

そして診察や血液検査の結果、なぜ彼が

獣医の元へ連れてこられたのかが判明したのです。

「彼の状態を見たときは、腎不全などの重病を

抱えていると思いましたが、実はダニによって

起こる血液寄生虫を持っていたということがわかりました。

彼を死にもたらそうとしていたものは、空腹だったのです。」

最初に獣医の元へ連れてこられた時点で、

空腹であった可能性が高いというタンタン。

しかしその後獣医がさらに餌を与えなかったことにより、

彼は窮地へと追い込まれていました。

なんとも痛ましく、そして許しがたい出来事ですが、

実はこのようなケースは珍しくない事だといいます。

バリの現状

インドネシアのバリでは、ピットブルなどの

西欧の犬種は頻繁に輸入され、富や力の象徴、

または見た目のためだけに飾りとして

飼われるケースが多いのだとか。

しかし飾りのために飼われた犬たちは、

大抵が小屋の中で鎖につながれたまま、

満足なご飯を与えらてもらえません。

オーエンさんはこの現実に対し、このように語っています。

「この土地では、西欧の犬種に対して適切な

ケア方法の知恵が普及していません。

そのため、ほとんどの犬は檻の中に閉じ込められる

などして、十分な世話を受けられずに

人生を終えます。

バリで蔓延している間違った知識の一つとして、

値段の高い犬ほど檻の中に閉じ込めておくべきだ、

という考えがあります。

富裕層のシンボルとして、トロフィーのようにただ

飾るのが当たり前だという考え方です。

タンタンも同様に、おそらく一度も飼い主によって

小屋から出してもらったことがなかったのだと思われます」

バリではタンタンのような西欧からの犬種に限らず、

バリが原種首の犬も同様に扱われているといいます。

そしてバリ政府までもが、頻繁に毒矢などで

犬を殺処分しているのです。

保護団体のBARCは、こうした犬たちを

救うため日々尽力してくれているのです。

タンタンのその後

保護から2か月後、タンタンの体重は2倍になり、

ついに与えられた命を喜んでまっとうする準備ができました。

「今となっては、彼はとっても活発な男の子です。

走り回ったり遊ぶのが大好きで、

特にものを投げて取ってくる遊びが大好きです。

みんなから注目を受けるのも大好きで、

ひどい扱いを受けた過去があるにもかかわらず、

いまだに人間のことを100パーセント信じ切っています。」

もし機会があれば新しい家族の元へ引き取られる予定だというタンタン。

それまではカング・ペット・リゾートにて

他のレスキュー・ドッグたちと暮らしています。

バリで蔓延する、犬への間違った知識を如実に

浮かび上がらせることとなったタンタンのケースでした。

団体による活動によって、犬の権利が守られる社会が

成立することを願ってやみません。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!