【フライデー事件後】ビートたけし「軍団はヤクザまがいの集まり!食わすの大変!」その窮地を救ったのが、当時のライバル志村けん!出資額3億円以上とも・・

びっくり, 動画, 感動, 衝撃, 話題

志村けんは、業界では人格者として本当に有名ですよね。

ビートたけしのフライデー襲撃事件後、

たけしが一時的に干された時は、志村がたけしの

家族と軍団、軍団の家族の生活費を面倒見ていたそうです。

ビートたけしはフライデー事件後、番組で

「軍団はヤクザまがいの集まり!食わすのが大変!」

と語っています。

この頃、志村とビートたけしはライバル関係だった。

ドリフがひょうきんに潰され、

かとちゃんけんちゃんごきげんテレビと

ひょうきんで視聴率を争っていた。

なのに、志村はたけしを助けたのだ。

志村の出資額は3億円を下らないというから驚きだ・・・

オレたちひょうきん族

加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ

たけしの著書には

『おそらく、けんさんの出費は3億円はくだらない』

って。

出所後、たけしは志村の元へ出向き、

『ご迷惑おかけしました。

軍団がお世話になりました。

お金は必ず返します。』

って言ったら、志村からは思いも

よらない答えが返ってきたという。

天才たけしにも、志村のその言葉は

全く予想できなかったそうだ・・・

『たけしさん、俺は口下手だから、

うまく言えないけど、今回の事は気にしないでよ。

俺が勝手にやった事だよ。それよりも、

今まで通り、どっちがお客さんを笑わせるか、

ライバルでいてくれよ。

だから、今回の事は忘れてくれよ・・・。

今まで通り、頼むよ。』

って、志村。

男前すぎる・・・

松本人志は志村のけんのことを、

自身の著書でこう述べている。

俺が認めるということは、男ットコ前

(おっとこまえ)ということだ。

中略

俺はドラマも出ないし、歌も出さない。

お笑い1本で勝負する

そのお手本になっているのがこのオッサンである。

本当にお笑いが好きで、

お笑いのこと以外のことを考えないという一途さは

まさに男ットコ前なのだろうか。

そして、「遺書」の中ではこうも記されている。

『やたらと親切で礼儀正しいおっさん。

おい、まっちゃん! 関東に進出して、おめでとう!

何か困ったことがあれば、この俺に言えよ!

その代わり、俺が売れなくなったら、

松っちゃんの番組で使ってよw 』

って。

関東に出てきて、関東の芸人さんに

初めて優しくしてもらいましたわ

ダウンタウンが関東進出したての頃、

志村が自ら彼らの楽屋に出向き、こう話したという。

やはり、器が違う。

志村けんは、こういう感動的な

エピソードを探すとどんどん出てくる。

凄い男だ・・・

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加