志村けんの言葉。私は、こう見えてもバカですよ。

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

(1)

 

最初から全力でいかない奴は、

その時点で先がない。

 

 

(2)

 

おいしいところをゲストに。

それは僕のいつもの考えだ。

 

 

(3)

 

仕事に限らず何でもそうだけど、

「おれ、頑張りました」ってところが

見えてしまうようではまずい。

頑張ったとか、

努力したということを、

ことさら強調する奴がいるけど、

それって手品で、

すぐさまタネあかしを

してしまうのと同じじゃないのか。

 

 

(4)

 

お笑いみたいなものでも、

常識を知らないと

本当のツボというものがわからない。

常識は基本線で、

お笑いはその常識という基本線を

ひっくり返すところで、

コントとして成り立っている。

だから、笑えるワケよ。

お笑いに限らず、

常識をバカにする奴に、

常識を超えたことは絶対に出来ない。

 

 

(5)

 

自分自身の絶対条件がクリア出来れば、

その他の項目には目をつぶる。

人間の欲望や要求にはきりがない。

「三割満足で十分」でいけば、

世の中腹の立つことも少なくなるだろうし、

けっこう丸く収まると思う。

 

 

(6)

 

自分の一生なんだから、

自分が好きなことを思い切りやればいいと思う。

売れるか売れないか、

先のことは誰にもわからないけど、

自分が納得いくまでやれば、

それでいいんじゃないか。

 

 

(7)

 

テレビでも、

あまりに普通の人が

普通のことをやりすぎている。

そんなのはおもしろくない。

変わった人、珍しい人、

平凡な人、少し狂気のようなものを感じる人。

それを見たいから世間の人はテレビや舞台を見る。

芸人はもともと変わってるんだ。

僕たちはそれでいいんだ。

 

 

(8)

 

やっぱり子供たちに

バカだと思われているのはいい。

お笑いをやってて、

子供にまで

「あれは芝居してるんだよ」

なんて言われたら、みっともない。

バカだと思われてるってことは、

そう「見える」ってことだから、

演じてる者にとっては一番うれしい誉め言葉だ。

 

 

(9)

 

みんなと同じだったら、一番楽だろう。

不安もなくなる。

でも、

その代わり個性もないってことになる。

あいつは変わってる、

と言われるのは光栄なことだ。

 

(10)
なんでもそうだけど、

ずっと続けているとうまくなる。

うまくなると、またおもしろくなってきて、

さらに一生懸命やろうという気になってくる。

そうやって、一人前になっていくんだと思う。

 

 

(11)

 

本当に嫌だったら辞めればいい。

でも、辞めないってことは、

自分が好きで選んだ道だということだし、

やり遂げる責任も負うことになる。

だから、

少々嫌なことやつらいことがあっても、

それは自分が我慢すればいいことじゃないかな。

 

 

(12)

 

ムダなことでもなんでも知ってた方がいい。

知らないと損をすることはあっても、

知ってて損することはないから。

 

 

(13)

 

人になにかを伝えたいなら

ウソをついちゃいけない。

 

 

(14)

 

人を笑わせるのって、

結局、間とタイミングだ。

 

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!