【子は親の鏡….】トイレに貼っていた一枚のメモが少女の心を動かす….子育てに悩んだ親に読んでほしい。

知って欲しい事, 素敵, 衝撃, 話題

学年の変わり目でもあり、

各学年ともに定期テストがあり親と子どもの

バトルが勃発しやすい時期です。

本当に子育てって難しい。

そう実感している方も多いのではないでしょうか。

親は子どものために・・・。

なのに気持ちが伝わらない。

今回、ご紹介するのは

ドロシーL・ノルテさんの『子どもは親の鏡』。

「あなたの子どもはどんな環境で育っていますか?」

と締めくくられた18の言葉です。

親として自分を振り返り初心に戻れる良い機会かもしれません。

ドロシー・ロー・ノルト博士は、

40年以上にわたり家族、特に親子関係の研究に従事。

親になる人々のためのクラスや未就学児童のための

学校を開設するなど、親子教育の専門家として活動。

家庭教育と子育てに関するコンサルティングの第1人者です。

4人の子どもを育て、孫が8人、

ひ孫が6人、やしゃごが1人います。

著書「子どもが育つ魔法の言葉」は国境を越えて

37カ国で親しまれ、特に日本では

200万部のベストセラーになりました。

ほかにも「十代の子どもが育つ魔法の言葉」

「ドロシーおばさんの大切な事に気づく」など著書多数。

2005年11月6日他界されています。

子育てに『環境』ってとても大切なことは

皆さんもご存知だと思いますが、

実際、どのような環境で育つとどんな性格に

なるかって知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

『学ぶ」の語源は、「真似ぶ」だそうです。

子どもは、見たものを真似て育ち、

やがてそれが性格の一部に変わっていきます。

子どもが一番身近でいつも見ているのは…

そうお父さん、お母さん、ちょっとした仕草や言葉使い

を真似されハッしたことがありませんか?

親や周りがどんな環境を子どもに作ってあげられるのか、

このドロシー・ロー・ノルテさんの

言葉はヒントになるかもしれません。

子は親の鏡 ドロシー・ロー・ノルテ

子供は、批判されて育つと、人を責めることを学ぶ
子供は、憎しみの中で育つと、人と争うことを学ぶ
子供は、恐怖の中で育つと、オドオドした小心者になる
子供は、憐みを受けて育つと、自分を可哀想だと思うようになる

子供は、馬鹿にされて育つと、自分を表現出来なくなる
子供は、嫉妬の中で育つと、人をねたむようになる
子供は、ひけめを感じながら育つと、罪悪感を持つようになる
子供は、辛抱強さを見て育つと、耐えることを学ぶ
子供は、正直さと公平さを見て育つと、真実と正義を学ぶ

子供は、励まされて育つと、自信を持つようになる
子供は、ほめられて育つと、人に感謝するようになる
子供は、存在を認められて育つと、自分が好きになる
子供は、努力を認められて育つと、目標を持つようになる

子供は、皆で分け合うのを見て育つと、人に分け与えるようになる
子供は、静かな落ち着いた中で育つと、平和な心を持つようになる
子供は、安心感を与えられて育つと、自分や人を信じるようになる
子供は、親しみに満ちた雰囲気の中で育つと、生きることは楽しいことだと知る

子供は、まわりから受け入れられて育つと、世界中が愛であふれていることを知る

あなたの子どもはどんな環境で育っていますか?

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加