3歳の弟の腹を姉が踏み続け殺害「死ぬとは思わなかった」取調べで姉は「5・6分乗った」

びっくり, 事件, 衝撃, 話題

大阪市の自宅で3歳の弟の腹を足で

踏み続けて殺害したとして、

一緒に住む23歳の姉が逮捕された。

大阪市に住む23歳の姉は4月2日、

自宅で一緒に住む3歳の弟の腹を足で

踏み続けるなどの暴行を加えて殺害した疑いで、

5日逮捕された。

警察によると姉には知的障害があり、

警察の調べに対し

「風呂場であおむけの弟の腹に5、6分

乗っていた。死ぬとは思わなかった」

と供述し、殺意については否認している。

また、司法解剖の結果、弟の死因は、

腹を強く圧迫され腸が破れたことによる失血死で、

腕や足にやけどの跡があった。

また姉は逮捕前、警察に

「普段から弟の面倒を見させられ嫌気がさした」

と話したという。

一家は両親と子ども6人の8人家族で、

逮捕された姉は長女で、死亡した男の子は三男だった。

この報道に対し、ネット上では以下のような声が。

「腸が破れて失血死って怖すぎるね」

「知的障害の姉、、、と言うのが本当で、

そんなに乱暴的ならば、3歳児と一緒にして

おいてはいけないけれど、お腹を潰して死ぬと

思わなかったとは、一体何がどうなってるんだ」

「色々とワケありそうだね」

「それ以外の火傷やアザまでこの姉が全部やったこと? 本当かなぁ…」

「痛ましい事件。お腹に乗って死ぬことが

わからない人が幼児の面倒なんかみられないよね」

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

びっくり, 事件, 衝撃, 話題