【ペンギンの恩返し】油まみれのペンギンを助けた命の恩人。会うために8,000km離れたチリ沖からやってくる姿に感動….

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

2011年、ブラジル・リオデジャネイロ沖の

小さな島の海岸で、一羽のマゼランペンギンを

発見したジョアオさん(71歳)

油まみれで瀕死の状態だったそのペンギンに、

ジョアオさんは「ジンジン」と名付けました。

体についた油を落とし、魚を与えて

丁寧に介抱してあげました。

1週間後、ジョアオさんの介抱のおかげで

一命を取りとめ、すっかり元気になったジンジン。

そんなジンジンを自然に帰そうと試みますが、

ジンジンはジョアオさんの元を離れようとはしませんでした。

そのまま11ヶ月を一緒に過ごしたふたり。

しかし、羽が生え変わった直後に

ジンジンは突然姿を消してしまいました。

「無事、野生に帰っていったのだろう。」

ジョアオさんは、もう二度とジンジンに

会うことはないだろうと思っていました。

しかし、それから2ヶ月が経ったある日…

それからというもの、ジンジンは毎年6月になると

ジョアオさんの元にやってくるようになりました。

そして繁殖期である2月には、

アルゼンチンやチリ沖に帰っていきます。

その距離はなんと、8,000km!

自分を救ってくれた命の恩人のもとへ、

8,000kmもの壮大な距離を毎年泳いでやってくるジンジン。

年を追うごとにジョアオさんに甘えるようになり、

今ではお互いに欠かせない存在になっているそうです。

8,000kmを結ぶ心温まる絆。

これからもずっと続きますように…

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!