【酷い….】鼻に穴を開けロープが通され、金儲けの道具としてクマをコントロール….

びっくり, ムカツク, 衝撃, 話題

インドのネパール国境近くで発見された

5歳になるクマの「ゴールディ」

発見された当時は脱水症状に加え、

ロープが結びつけられていたのです。

ゴールディはダンスをするクマとして

見せものにされていたのです。

それはゴールディがまだ小さい頃に、

捕獲者により鼻の頂部に穴を開けられロープを通し、

その目的はゴールディをコントロールして、

ロープを揺らすことによって踊らせるためだったのです。

幸いなことに、このような行為は2009年以降

インドでは違法行為にあたるため、

野生動物レスキューチームと地元の警察によって、

ゴールディに加え、トリュフル、カンディ、

オレオの3頭が救出されました。

ゴールディはその後、Wildlife SOSと

Free Bears Australiaと協力して運営されている

インドのIARのクマが安全に暮らせる保護区に輸送され、

そこで他のクマたちと共に暮らすことができました。

救助されてから最初にしたことの一つは、

ゴールディの鼻からロープを取り除くことでした。

傷は残っていましたが、時間がたつにつれて

傷跡も目立たなくなるとのことです。

さらに、ゴールディの歯は酷い状態で

腐ったものは取り除かれ、歯肉の感染症の治療が

されました。そして今ではまったく

別のクマのように元気に暮らしています。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!