【日本の風潮】女性の「3歩下がって歩く」、本当の意味に「漢」を感じる。。。。

知って欲しい事, 衝撃, 話題

日本人女性の「3歩下がって歩く」意味

「日本の女性は男性から3歩下がってついていく様な人が望ましい」

と日本では昔から言われてきました。

今では廃れてきているこの風習、言葉ですが、

聞いた事はあると思います。

皆さんはこの「3歩下がって歩く意味」

考えた事はありますでしょうか?

実はこの行為にとても大切な

メッセージが籠められていたのです。

おそらくほとんどの人はこう考えています。

『男を(後ろから)立てる』

『男を(後ろから)支える』

『しおらしくする(控えめで従順)』

こういったニュアンスが

「3歩下がってついていく」の

イメージとなっており、

「男は働き女は家庭を守る」というのが

当たり前だった昔の時代の中での理想像に

ぴったりだったからとも言われています。

このような習慣や作法さから違う認識を

もたれてしまったのが

「3歩下がってついていく」という言葉、

本当はまったく違う意味合いで作られた言葉だったのです。

それは「女性から男性」ではなく

「男性から女性」へのメッセージ。

男性の気持ち

日本女性の「3歩下がって歩く」という言葉の意味、

それは・・・

「何かあったら俺が守るから、お前だけでも逃げろ」

という、「男性が女性を守る」という

強い意思の表れからこういった風習が生まれたのです。

いざ何かあったとき、不足の自体に陥ったとき、

自分が敵に対峙している間に逃げてくれと、

絶対に守って見せるというメッセージだったのです。

大和撫子や女性を現す言葉ではなく、

男性から女性への大切なメッセージだったのです。

この事実はネットでも話題になりました。

男の中の男ですね!