電車で若者に席を譲って欲しくてわざと若者に聞こえるように嫌みを言った高齢者たち。それに対しての若者の意外な反論は周囲をアッと言わせる事となる!

スカッと, 衝撃, 話題

電車の座席はほぼ埋まり、

車内には立っている人がちらほらいる程度

私の向かい側座席の前には男性1人、

女性2人のハイキング帰りらしい高齢者が立っていた。

彼らの目の前の座席には若者2人と

50代ぐらいの女性1人が座っている。

若者は2人とも茶髪、1人はサングラスをしていた。

この人たちに気づいたのは、この高齢者組の男性が

「最近の若い者は年寄りを

立たせても平気なんだから」

「ちょっと前は罪悪感からか

寝たふりをしたもんだが、

最近じゃ寝たフリもしない

からふてぶてしい」

などと、かなり大きな声で

話しているのが耳に入ってきたからだ。

どうも自分の前にいる若者に席を譲らせて

女性2人を座らせたかったらしい。

ここまで嫌味っぽく言われると、

まったく関係ない第三者の私だってちょっと気分が悪い。

すっかり眠気が覚めてしまった。

反対側にいる私が席を譲れば、

もう1人ぐらい誰か立ってくれるだろうと思って

腰を浮かせかかった瞬間、サングラスの若者が口を開いた。

「あんたたちさぁ、山は歩ける

のに電車では立てないの?

それっておかしくない?

遊んできたんだろ?

こっちはこれから仕事に行く

ところなんだよ。

だいたいさぁ、俺みたいな

ヤツが土曜日も働いて

あんたたちの年金を作って

やってるんだって分かってる?

俺があんたみたいなジジイに

なったら年金なんてもらえなくて、

優雅に山登りなんてやって

いられないんだよ。

とにかく座りたかったら

シルバーシートに行けよ」

細部の表現は覚えていないながら、

こんな感じ。

チャラチャラしているように見える若者の

意外な発言に正直言ってビックリ仰天した。

「お年寄りに席を譲りましょう」

とか

「お年寄りを大切にしましょう」

などというキレイごとを聞いて育ってきた

世代の私にしても、彼の言っていることは

正論に聞こえた。

あたしって壊れてきているのかな?

浮かせかかった腰を再び降ろしちゃったよ。

3人の高齢者は凍りついたように黙りこくり、

次の駅で降りていった。

ほかの車両に乗り換えたのかもしれない…