何者かによって虐待され爪先は欠落 命を救うため足を切断することとなった猫に涙が….

怒り, 衝撃, 話題

2017年6月にレスキューセンターへと

運び込まれた猫の「ヘラクレス」。

両足で歩くことは出来ず、足に巻かれていた

包帯を取り除くと壊滅的なケガがありました。

右足の爪先は欠落し、骨まで重傷を負っていました。

また左足は皮膚が完全に剥がれていました。

ケガは偶発的なものではなく、

詳しい原因はわかりませんが虐待の可能性があるとのこと。

抗生物質を使用していましたが感染は悪化し、

残念ながら右足は切断されることとなりました。

ただ、左足については残すことができました。

切断の数時間後には食事もしっかりと摂ったそうです。

そして現在は残された3本の足でうまく歩いているとのことです。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!