【悲痛の叫び….】「アート作品」「美術品」として、ブタにTATTOOを入れて販売!農場に響き渡るブタの叫び声が痛々しい….

びっくり, 衝撃, 話題

2008年11月4日、北京市郊外でブタを

飼育する“至って普通の農場”が、

実はアートビジネスに従事する

「芸術農場」であると紹介された。

ここで飼育されている12頭のブタの体表には、

人物や動物、神話のストーリーなど

さまざまな図案が彫られている。

これら刺青を施したブタは「アート作品」として

海外のコレクターやギャラリーに人気なのだという。

農場には週3回、まるで断末魔のようなブタの叫び声が響く。

刺青の何たるかも知らないブタたちの、恐怖の叫び声だ。

担当の彫り師は3人。

専門医が全身麻酔を施した生後1〜2か月のブタに、

人間と同様の要領で図案を彫りこんでいく。

時に、麻酔を切らしたブタたちがパニックのあまり暴れたり、

金切り声を上げたりするが、何度も続けるうちに次第に慣れるのだという。

1年ほど育て、体ごと図案も大きく成長したブタらは、

皮を剥いで「美術品」となる。

そして、販売されていくブタたち。

「芸術農場」のマネージャー・夏潔(シア・ジエ)さんによると、

ここは04年にベルギー人オーナーが設立した農場で、

「作品」は海外のコレクターやギャラリーが1点あたり

70万〜100万元(約1050〜1500万円)の高額で購入していく。

それに反して、残った肉は500g当たり3元(約45円)という

破格値で近所の農民らに売るのだという。

これは果たして、アートと言えるのか?

はたまた、単なる金儲けではないか?

また、動物愛護の点からはどうだろうか?

さまざまな物議を呼びそうである。

参照元:recordchina