「この症状が出たら迷わず病院へ…!」ネイリストがお客さんの爪に黒い線があるのを発見!ただちに病院へ行くように告げた理由とは?

知って欲しい事, 衝撃, 話題

爪に黒い線が…?この黒い線の正体とは?

皆さんは自分の爪をじっくり見たことがありますか?

実は爪というのは体の状態を

教えてくれる重要なポイントでもあるのです。

ネイリストであるジーン・スキナーさんは、

ある日お客さんの爪を見た時に、

黒い線があるのを発見しました。

その様子を見たジーンさんは心配になり、

お客さんに対して病院へ行って

診断を受けた方が良いと助言をしたのです。

その結果、なんとそのお客さんの命が救われたのです。

ではこの黒い線の正体というのは何だったのでしょうか?

お客さんの爪にあった黒い線の正体

実はそのお客さんがジーンさんの元へ訪れた理由は、

「爪の黒い部分を隠すために濃い色を塗ってほしい」

というものだったのです。

実際にこの黒い線については

ネイリストによっても見解の違いがあるようで、

「カルシウム不足」だったり

「遺伝的なもの」だったり「血豆だ」と

言われたこともあったんだそうです。

しかしジーンさんはこれは黒色腫、

つまりメラノーマだという病気だと気がつき、

すぐに病院へ行くように伝えました。

そして後日、お客さんから連絡をもらい、

「やはり黒色腫だった」という

報告をもらったのだそうです。

しかもこの段階でリンパ節にまで範囲が

いっていたようで、このまま放っておいたら

大変なことになっていたんだそうです。

大抵今まで見たことがない爪の状態でも、

問題ない場合がほとんどなのですが、

まれに黒色腫のように深刻な

問題になっている可能性もあります。

皆さんもぜひ爪に黒い線があるのを見たら、

念のために医療機関へ行って、

医師の診察を受けることをオススメいたします。