【感動的….】成績は破滅的で、発達障害…それでも母は息子を見守り続けた。30年後息子は偉大になってテレビに出演する。

感動, 泣ける, 素敵, 衝撃, 話題

皆さんが子供だった頃、クラスに1人か2人は

少し変わった子がいませんでしたか?

どことなくぶきっちょで、成績もイマイチなのに、

なぜかある一つの物事にはずば抜けた集中力を発揮し、

周囲を驚かせてしまうような、そんな子がいた

記憶のある人は多いでしょう。

今回紹介するのは、新聞にも掲載された、

周囲とちょっとだけズレていた少年の成長の物語です。

東京に生まれたまさゆき少年は、

おとなしい性格の可愛らしい子供でした。

他の多くの男の子たちと同じように、

はたらく車や、妖怪に夢中でした。

そんなまさゆき少年が小学2年生になったときでした。

クラスの他の男の子が何気なく描いていた落書きに、

衝撃を受けます。うねうねした長い足に丸い頭。

この生物は何だろう?

そのあと図書室で調べた結果、その落書きは

タコだと分かりました。食べたことはあるのに、

こんな姿だったとは予想だにしていませんでした。

本物を見てみたい…

まさゆき少年の胸の高鳴りは止まりません。

そんな息子の願いを聞いた母親は、ぶつ切りでない

丸ごとのタコを買って来てあげます。

その日からまさゆき少年はすっかりタコの

とりこになってしまいます。

図鑑や写真集などで朝から晩までタコの姿を探したり、

夕食は毎日のようにタコをねだったり…

そんな息子に、母は嫌な顔ひとつせず、1カ月近く

味付けを変えてタコ料理を作ってあげました。

しかしそれだけではまさゆき少年の情熱は止められません。

母親にお願いし、生きている本物のタコを

水族館まで見に行きました。

時には、閉館時までタコがタコつぼに隠れたまま

姿を現さず、がっかりしたことも。

しかしそんな時母親は、

「残念だったわね。でも、魚はほかにもいるのよ」

と励まし、魚が描かれた下敷きを買ってくれました。

まさゆき少年はそこに描かれた様々な魚を見て、

さらに夢を膨らませました。

どんどん魚にのめり込んで行くのです。

しかし当然、困ったことが起きました。

魚のことで頭がいっぱいだったまさゆき少年の成績は

破滅的だったのです。

ついには母親が先生に呼び出されてしまう始末。

先生が言うには、

「まさゆき君は魚の絵ばかり描いている。

それもいいが、もっとちゃんと勉強をさせてほしい」

とのことでした。

しかしそんな時も母親は、息子のことをかばいます。

「あの子はそれでいいんです」

誰もが同じようになる必要はない。

他と違う子がいてもいいのだと、母親は信じていました。

息子に夢中なことを大切にしてほしかったのです。

そのあとも母親は息子が絵を描けるように、

多少値段が張っても魚をまるまる1匹買って来て

あげたりと、息子を応援し続けました。

その甲斐あってか、女の子に話しかけることは苦手でしたが、

まさゆき少年の魚の知識とイラストのスキルは

素晴らしい向上を見せます。

そうして高校生になったまさゆき少年に、転機が訪れます。

「魚通天才高校生」として

テレビに出演することになったのです…

その番組は「TVチャンピオン」。

あの一世を風靡した、特定の分野のプロフェッショナル

たちがその技を競う番組です。

なんと高校生のまさゆき少年は、

大人たちを相手に5回連続優勝を飾るのです。

この専門家以上の魚の知識を持つ少年に、

世間が注目し始めた瞬間でした。

それからは破竹の勢いで活躍を始め、まさゆき少年は

今や東京海洋大名誉博士・客員准教授に着任しています。

それだけでなく、イラストレーター、そしてなんと

タレントとしてのキャリアまで築いていきます。

もう誰のことかお分かりですね。

そう、お茶の間でもすっかりおなじみの、さかなクンです。

今では、大好きだった魚の研究と絵を描くことが

そのまま仕事になっているのです!

さかなクンのこだわり性は、今でもしっかりと生きています。

さかなクンの母親は、車の中でも息子が、

自分の名刺一枚一枚にサインをしているところを見たそうです。

息子の健康が心配で、疲れているのだから

寝たらどうかと言ったところ、さかなクンは

「受け取った人には一生残るから、

一枚でも雑に描いたらだめ」

と答えました。

母親はそんな息子の姿を誇りに思ったことでしょう。

まさゆき少年は、とても変わった少年でした。

しかしもし母親が、息子に他の子と同じことをするように

強要していたら、さかなクンは生まれなかったでしょう。

実は世界の成功者の中にはこの特定の物事にだけ強い

こだわりを示す気質を持った人物が多く、

マイクロソフトの創始者ビル・ゲイツや

映画監督のスティーブン・スピルバーグも

その傾向を持っていると言われています。

息子の性質を見抜き、温かく見守り続けた

さかなクンの母親に、拍手を送りましょう。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!