【池袋の事故またこれか】池袋の事故をイラストにすると色々なことを考えさせられる…

事件, 衝撃, 話題

池袋で、主婦の松永真菜さん(31)と

長女の莉子(3)ちゃんが飯塚幸三容疑者(87)の

運転する車にはねられ死亡した事故で、

この事件及びを社会における背景を的確に風刺した

1枚の画像が話題になっています。

高齢者の生活を支えることが私たち世代の

役割であることは理解していますし、

仕方のないことでもあると思っています。

しかし支えているはずの高齢者の運転により

母親と子供の命が奪われてしまったと思うと悲しいですし、

高齢者の車の運転について深く考えさせられます。

高齢ドライバーによる事故があまりにも多いと感じますが、

自主返納する方も多くなっていますので

一概に高齢者がとは言えません。

この事故により高齢ドライバーへの措置は

より厳しくなるのではないこと思いますが、

これは仕方ないことなのでしょう。

記事によると・・・・

東京・池袋の事故で母子2人死亡

87歳男性「アクセル戻らず」と

東京都豊島区東池袋4丁目の都道で

乗用車が暴走し10人が死傷した事故で、

警視庁は19日、心肺停止状態だった松永真菜さん(31)

豊島区=と長女の莉子ちゃん(3)が

死亡したと明らかにした。

運転していた男性(87)=板橋区=は

「アクセルが戻らなくなった」と説明。

同庁は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の

疑いで、当時の状況を詳しく調べている。

警視庁によると、乗用車は

約150メートルにわたって暴走。

ドライブレコーダーの画像から、

この間にあった乗用車側の二つの信号はともに赤だったとみられる。

警視庁は証拠隠滅の恐れがないと判断、

男性を逮捕せず任意で捜査を進める。

池袋プリウス暴走87歳男性は

旧通産省の元技術院長、

農機大手クボタの副社長も務める。

「運転やめる」告げていた87歳

猛スピードの目撃情報

東京・池袋で19日昼、87歳の男性が

運転する車に通行人が次々とはねられ、

31歳の母親と3歳の娘が死亡した。

運転していた飯塚幸三さんは周囲に運転をやめる

意思を示したことがあったという。

飯塚さんと同じマンションの住人男性は今年、

飯塚さんが駐車場にうまく車を止められず、

前後に何度も動かす様子を見たという。

「奥さんが外に出て『もっとハンドル切って』などとやっていた」。

男性は「事故を心配していた。ショックです」。

飯塚さんは1年ほど前、男性に「運転をやめる」と

話していたといい、最近は足を悪くし、

杖を使って外出していたという。

関係者によると、飯塚さんは旧通産省の

元工業技術院長で、農機大手クボタの副社長も務めていた。

twitterの反応

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!