【泣ける】人間に酷使され、瀕死のゾウに寄り添い愛を届け続けたのは、同じ人間のために働き、使い物にならなくなって保護区にやってきた犬だった。

感動, 泣ける, 衝撃, 話題

タイにある「ブーンロッツ・ゾウ保護区

(Boon Lott’s Elephant Sanctuary、以下BLES)」は

600エーカー(東京ドーム約52個分)の

美しい自然の中に作られたゾウたちのサンクチュアリである。

保護区にやってくるのは、長年人間に酷使され、

現役を引退してやってくる年老いたゾウが

ほとんどであるが、ビーチに捨てられさまよっていた

犬の“パンケーキ”が3年前にBLESの仲間に加わった。

BLESにやってくるゾウたちの寿命は決して長くはない。

2016年夏、長年観光客を背中に乗せて働いてきた

ゾウの“サオノイ”が、保護区に来てたった1か月で

60年の過酷な生涯を終えている。

BLESの創設者であり、CEOでもある

キャサリン・コナーさんは

「保護区でゾウが亡くなることは珍しくありません。

あの夏、疲れ切ってやってきたサオノイは、

やっと穏やかな生活を手に入れたにもかかわらず、

立つことができなくなり地面に倒れこみました。

そんなサオノイの最期に寄り添ったのは、

同じように人間のために働き、使い物に

ならなくなって保護区にやってきた“ブーン・ソング

(Boon Thong)”というメスのゾウでした。

ブーン・ソングはサオノイの隣に立つと

鼻を使って優しく撫で、慰め続けたのです」

と当時を振り返っている。

その夏から1年半が過ぎた今年2月。

今度はブーン・ソングの体調に異変が現れた。

すっかり衰弱し動き回ることがなくなった

ブーン・ソングの異常をいち早く察したのは、

3年前に仲間として迎えられた犬の“パンケーキ”だったという。

キャサリンさんは

「ブーン・ソングがサオノイの最期を見届けたように、

今度はパンケーキがブーン・ソングのそばに寄り添ったのです」

と語ると、こう続けた。

「観光客を約30年間も背中に乗せて働いた

ブーン・ソングは、あと少し働いていたら

背中を骨折していたという状況でここにやってきました。

保護されて5年間でしたが、BLESでブーン・ソングは

やっと自由を知りました。

この広い土地で好きな場所を見つけ、

リラックスする姿を何度も見かけたものです。

ブーン・ソングにはお気に入りの木があって、

そこに出向いてはその木を引っ掻き、

小川が流れる大好きな場所に行っては自分の身体に

泥をなすりつけて楽しんでいました。

倒れてしまうまで、まるで自分の人生を

取り戻すかのように精一杯生きていたと思います。」

ブーン・ソングの最期の1週間は、

キャサリンさんにとって非常につらいものとなった。

しかし静かに、確実にその日はやってきた。

キャサリンさんはブーン・ソングが息を引き取った

翌日の7日、BLESのFacebookに

「パンケーキに敬意を表したい」として、

次のように綴っている。

「私たちは昨日、美しくも年老いた

1頭のゾウを亡くしました。

私はブーン・ソングが息を引き取るまでの9時間、

慰めて愛を伝えるために片時もそばを

離れることはありませんでした。

その間、パンケーキは私とブーン・ソングを

見守るようにただ静かに座っていました。

日が落ちて暗くなっても、ブーン・ソングの

最期を見届けるまで、パンケーキは

そばで私たちを支えてくれたのです。

まるで自分が必要とされていることを知っているかのようでした。」

ブーン・ソングの亡骸は、大好きだった果物や

花とともにBLESの敷地内に埋められた。

隣には先に逝ったサオノイが眠っているという。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加