血だらけで死亡寸前の怯えていた1匹の犬が最も幸せな犬になるまで….

衝撃, 話題

インドの寺院の中で血だらけで怯える

1匹の犬がアニマルエイドによって保護されました。

怯えきって身動きの取れないその犬は、

脱水に加え多くの血液を失っているのがわかりました。

そして保護から4週間後。「Punkin」と

名付けられたその犬は、死の淵をさまよっていたとは

思えない見違えるほど元気な姿になりました。

保護から元気な姿になるまでの映像をぜひご覧ください。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!