歯を数時間で白くする方法がヤバすぎる…なんと”アレ”を使うだけだった・・・

話題, 雑学ホワイトニング, 数時間, 歯を白くする方法

歯が汚れる原因

歯のよごれ・黄ばみは、

なかなか落とせませんよね。

歯の黄ばみはその人自身の

印象を左右してしまいます。

常に多くの人を悩ましています。

 

そんなあなたは

まず第一に歯の黄ばみになる

原因を探さなくてはなりません。

 

では、一体歯の黄ばみは

なぜできてしまうのでしょうか?

 

それは大きく分けて3つあります。

・外から来る”外部の要因”

・内から来る”内部の要因”

が挙げられてくるのです。

 

2つに当てはまる要因によって、

対策も変わってきます。

 

まず1つ1つ原因を探っていきましょう。

 

第1.外部要因

外部要因は名前の通り、

飲み物や食べ物、たばこによって

”歯の黄ばみ”を発生させていきます。

 

”ステイン”というものをご存知でしょうか?

「ステイン」というのが、食べ物に含まれる

ポリフェノールなどが唾液の中のたんぱく質と

結合した汚れのことです。

これが皆さんの”歯の黄ばみ”

という結果になってきます。

 

さらに、”ステイン”は

カレーやキムチといった、

香辛料を含んだものは

その2倍3倍と黄ばみが増していきます。

さらに、

”たばこのヤニ”はステインよりも

粘着力が高くしつこい汚れのようです。

 

イメージで言えば服に

食べ物や飲み物をこぼして、

シミができたという感じです。

 

第2.内部要因

名前ではイメージがつきずらいですが、

加齢による黄ばみなどがあります。

歯の表面の抗生物質が弱まって、

歯を覆っている膜がうすくなって

外部からの攻撃で黄ばんでしまいます。

 

原因としては、

そられ2つのことから

歯は黄ばんでしまうのです。

 

黄ばんでしまった歯は?

黄ばんでしまった歯は、

どうやって元に戻すのでしょうか?

皆さんが1番に思うのは

ホワイトニングだと思います。

 

ですが、ホワイトニングは

金額が高かったり、

耐えられない痛さだったり、

なかなかやろうとは思えません。

実は、お金をかけなくても

とても簡単に歯を

白くする方法があります。

 

その方法はアルミホイルを使って、

歯を覆うことで歯が白くなるのです。

 

「え?どういうこと!?」

と思う方もいるので、

やり方を説明していきますね♪

 

準備しておく物

・アルミホイル

 

・ベーキングパウダー

 

・歯磨き粉

 

・食塩

 

手順は配下の通りです

1.準備しておいたベーキングパウダーに、

歯磨き粉と歯磨き粉と塩を混ぜます。

 

2.1で混ぜた物を歯にまんべんなく

塗っていきましょう。

 

3.アルミホイルで歯を覆う

※なかなか歯に定着しない場合があります。

難しい場合はマウスピースなどを上から覆う。

 

4.そのまま1時間、

その状態でキープしてください。

 

~1時間後~

 

ホイルをとったら口をゆすぎます。

そして、鏡で自分を見てみると

自分の今までの歯と思えないほど、

真っ白に輝いています。

 

これで、お金をかけて歯医者に

必要がなくなるわけですね♪

 

アルミホイルを使ったやり方以外にも、

歯を真っ白にする方法があります。

重曹を活用していきます。

掃除でよくつかわれる”あの重曹”です。

 

知らない人のために説明すると、

重炭酸曽達の略で、

白色の結晶性の粉末です。

水に溶けやすく先ほどもお伝えした、

掃除などでとても役に立つアイテムです。

こんにゃくの凝固剤でもあり、

胃薬の成分として昔から重宝されてきました。

 

これは、掃除で使うだけのことあって

虫歯予防にも効果的だとか…

 

週に3回ほど、

重曹うがいをやっていくと

きれいな歯を手に入れられるそうですよ♪

 

でも、実際に使っていた方から

塩分が多いので気おつけたほうがいい

という方もいたので、週3回ほどで

十分に注意して使いましょう。