【大炎上】「性暴力は抵抗しない女性側にも落ち度がある」この爆弾発言に対し、ジョン・カビラさんが放った反論に共感の嵐が巻き起こった!

びっくり, 衝撃, 話題

先日放送されたNHK番組『あさイチ』

この日は専門家を迎えて「性暴力特集」を放映していた。

この番組内で取り上げられたあるFAXの内容が

引き金となって、ネットが大炎上する事となったのです。

そのFAXの内容は被害者の自衛を咎めるものだった!

60代男性「男性として言うことなので

偏見かもしれないが、被害に遭ったときに激しく

抵抗し、大声を出せば避けられるのではないかと思う」

70代男性「死ぬ気で抵抗すれば防げる。

性交が成し遂げられるのは、女が途中で諦め許すからである」

この2通のFAXにゲスト出演していた

ジョン・カビラさんが

「それは全く違うんじゃないですか」と猛反論した!

「ありえないですね。その70代男性にも

お嬢さんや奥さんがいるかもしれない。

もし、性暴力被害に遭ってしまった嬢さんや奥さんに、

『最後まで抵抗しなかった君が悪い』と言えますか?

それと、例えば男性がプロレスラー並の

体格の男性にレイプされる可能性だってある。

その時にあなたは命懸けで戦えますか、最後まで」

このジョン・カビラさんの反論にネットでは

賞賛の声が続々とあがり、それと同時にFAXに対する

怒りの声は頂点に達し、大炎上となりました。

Twitterでの反応は・・?

被害者の非を咎める声に憤る女性視聴者たち。

その中で、「男性の立場から」とする意見を

「それは違う」と真っ向から否定してくれたカビラに

「救われた」という声も多く見られました。

また、同番組では「被害者は女性だけではない」

という男性被害者からの声も寄せられ

「男性の場合は女性以上に被害を軽視される」

といった声や、加害者が女性の場合は被害者として

扱ってもらえない非常に深刻なケースもあるという。

女性のみならず、男性も深刻な被害に悩まされる性暴力。

なかなか問題解決の糸口は見つかりにくいが、

男性女性それぞれの立場で現状を理解しつつ、

予防する手段を模索していきたいものです・・

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!