「私は、産まない。いらない!」山口智子の子供に対する”断言”に秘められた強く曲がらない信念の本音とは…

衝撃, 話題

1995年に結婚し、今年結婚23周年を

迎える山口智子さんと唐沢寿明さん夫婦。

お二人の関係はとても睦まじく、

誰もが憧れを抱く理想の夫婦像としてよく挙げられます。

そんなお二人の間に子供はおらず、

当時は不仲説や仮面夫婦などの様々な憶測が立っていました。

そこで山口さんは子供を産まない理由、

そして親になるという想いを赤裸々に告白し、

大注目を集めました。

この告白は、雑誌「FRaU(フラウ)」2016年3月号に掲載。

山口さんの語る「揺るぎない信念」は

瞬く間に反響を呼び、多くの人に衝撃を与えることに。

頑固たる信念ともとれる心境を吐露した山口さん。

一体どのような想いを秘めていたのでしょうか?

山口智子さんといえば、90年代のヒットドラマに

いくつも出演した、54歳のベテラン女優。

95年に唐沢寿明さんと結婚してから

出演本数をグッと減らしたため、

今の若い世代には馴染みが少ないかもしれません。

山口さん自身はメディアに露出することが減りましたが、

その夫婦間の様子を唐沢さんがよく口にすることがあり、

一時は仮面夫婦では?と噂されていた二人は

すぐに仲の良い「おしどり夫婦」という印象を高めました。

唐沢さんは、バラエティ番組でドッキリを

仕掛けられた時に「宝物は?」という質問に対し

「妻の山口智子」と恥ずかしがる様子もなく

堂々と答え、別番組にて趣味を聞かれた際には

「趣味は車と山口智子」と答えたそうです。

一方山口さんからも

「毎晩、手をつないで寝ている」

「家に帰って唐沢さんと遊んでいるのがオフ」

「夫との食事が世界一幸せな時間」と

いった言葉をよく耳にします。

さらに山口さんは雑誌「FRaU(フラウ)」でも

「唐沢さんと一緒に生きることは本当に楽しいです」

とコメントしています。

夫婦の間には子供がいることが

望ましいという風潮が強い日本。

そんな彼女が「子供を産まない」と断言する理由とは・・・。

それは山口さんの生い立ちが深く関係していました。

実家の栃木県内にある江戸時代から続く由緒ある老舗旅館。

古くから営んでいる老舗旅館を、祖母が夫と死別

してからは一人で切り盛りしてきたそうです。

そんな祖母の息子夫婦間に2人姉妹の

長女として山口さんは生まれました。

しかし、両親は山口さんが小学生のころに離婚。

父親が山口さんを引き取ることになりましたが

父親には愛人が存在し、娘の山口さんには

一切の興味を示さなかったそうです。

そうして、20歳のころに山口さんの希望で

祖母と養子縁組をし、戸籍上祖母が母となりました。

そんな両親たちを見ていた山口さんは

「親」というものに対し、強い想いを持ちます。

「私はずっと、『親』というものに

なりたくないと思って育ちました。

私は、『子供のいる人生』とは違う人生を歩みたいなと。

だからこそ、血の繋がりはなくとも、

伴侶という人生のパートナーを強く求めていました」

「私はずっと、子供を産んで育てる人生ではない、

別の人生を望んでいました。今でも、一片の後悔もないです。

人それぞれ、いろんな選択があっていいはず。

もちろん、子供を持って初めてわかる感動もあると思います。

実際に産んでみないとわからないことだと思うけれど。

でも私は、自分の選択に微塵の後悔もないです。

夫としっかり向き合って、二人の関係

築いていく人生は、本当に幸せです」

と語ります。

はっきりと「自分の選択」を明示した山口さん。

このコメントは世間に大きな衝撃を与えました。

少子高齢化が進み、産めよ増やせよという声が

多い昨今、子供産まないという選択を取る

ご家庭は批判を受けやすいもの。

しかし、どのような人生、

生活を望むかは人それぞれの自由。

山口さんのように「子供を産まない」という

選択肢も本人が選んだ人生であり、

誰にもそれを咎める権利はありません。

それに夫婦がお互いに納得したのであれば、

子供はいなくても幸せな家庭は築けるはず。

現にこの夫婦の幸せそうな姿を見て、

”理想の夫婦”だと多くの方が感じているのではないでしょうか。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!

衝撃, 話題