【SOSサイン5選】爪に縦の線があると…意外と知らない見逃しがちな体が発している事が怖すぎる!

びっくり, 知って欲しい事, 衝撃, 話題

意外と知らない見逃しがちな身体が発しているSOSサイン

最近、寝ても全然疲れが取れない・・・

そう感じている方も多いのではないでしょうか?

爪に縦線・・・

寝ていて足がつる・・・

まぶたがピクピクと痙攣・・・

など大きな病気になるめに身体は

SOSサインを出していることがあります。

今回は意外と知らない見逃しがちな

身体が発しているSOSサインを紹介します。

1.まぶたの痙攣

急にまぶたがピクピクと勝手に動くことありませんか?

これは体からのSOSサインです。

パソコン作業、スマホ使用、読書などの目を使う作業で

目を酷使した時に起こりやすくなっています。

また、精神的なストレスもまぶたの痙攣の原因になります。

栄養面を考えると筋肉の動きをスムーズにするためには

ビタミンやミネラルが欠かせません。

特にビタミンAが不足すると視力も低下してしまうため、

それが目の疲労を引き起こしてまぶたの痙攣に繋がることもあります。

2.口内炎

口内炎は免疫力が落ちている時に出やすいそうです。

具体的な口内炎の原因は一つではありませんが

ビタミンとミネラル不足、睡眠不足、疲労などがあります。

口内炎になってしまったらまず摂取すべきはビタミンB群です。

ビタミンB群は全身の肌や粘膜を守る働きをもっています。

ビタミンB群を多く含む食品としては

・豚肉
・うなぎ
・緑黄色野菜
・納豆

などが挙げられます。

3.こむら返り

就寝中に足がつる・・・

いわゆるこむら返りの経験は40代以上の方なら

多くの方がお持ちではないでしょうか。

原因としては冷えやミネラル、カルシウム不足による

筋肉疲労で起こると言われています。

その場合は食生活の改善や冷え対策を行えば改善しますが

それでも症状が治まらない場合は注意が必要です。

こむら返りは次のような病気の初期症状でもあるからです。

・糖尿病
・脳梗塞
・甲状腺疾患
・甲状腺疾患
・肝臓疾患

こむら返りが長く続く場合は

一度お医者さんに相談することをお勧めします。

4.食欲不振

食欲も健康のバロメーターの一つで

ストレスにより食欲不振になることもあります。

大きなストレスを感じると血糖値は上昇するのですが

この血糖値の上昇を脳は満腹な状態だと錯覚してしまい、

食欲が落ちてしまうのです。

また、食欲不振はうつ病の典型的な症状でもあります。

症状が2週間以上続いて日常生活に支障をきたしているようなら

早めに受診するようにしましょう。

5.爪に縦線

爪に縦線が入る原因としては

乾燥、老化、ストレス、睡眠不足などが考えられます。

加齢とともに誰にでも皮膚にシワができるように

40代ではほとんどの人に爪に縦線が見られます。

若い人の場合は精神的ストレス、不規則な

生活習慣などが原因で縦線が現れることもあります。

爪に現れる白い縦線にはほとんど病気の可能性はないようです。

ちょっと疲れたな・・・と思っても

仕事や家事をつい頑張りすぎてはいませんか?

日頃の疲れは身体の警告サインでもあり、

それが積み重なってくると大きな病気に

繋がってしまうこともあります。

身体が訴えているSOSのサインを見逃さずに

きちんと身体を労わることを習慣にしたいですね。

ネットでの反応

・むら返りは40前でも良くやらかしたわ
寝たまんま足(の指)で週刊誌や新聞を取ろうと思って…

・SOSサイン来てもそれが何かを理解してないとサイン出し損だな

・ストレスにより食いまくった結果太った

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!