【新たに判明した】人が死んだ後の意識…心肺停止後も脳は機能し、自分が死んだことを知る…

びっくり, 衝撃, 話題

人間の身体にはまだまだ謎めいた部分も多く、

科学の進歩によって次第に解明されてきています。

今回は新たに判明した人間の死について紹介します。

新たに判明した人が死んだ後の意識

ニューヨークにあるストーニーブルック

大学医学部のサム・パーニア氏らは

アメリカとヨーロッパで起きた心停止の事例について

調査して死後の意識について研究しました。

研究の結果、心停止から蘇生した人は医学的には死亡した状態なのに

その後の周囲の出来事を認識していて蘇生後には

その間に見聞きしたことを語れるということが判明しました。

よく話題になっている臨死体験で語られる内容は事実だったのです。

サム・パーニア氏は本来は人間の記憶には

そのような不思議な力は備わっていないと語っています。

厳密に言えば死亡宣告は心臓が停止した時が基準となっています。

だからこそ人は臨死体験をするのかもしれません。

実際に臨死体験をした患者には蘇生を

試みる医師や看護師の姿も見えていて、

その場にいた人にしかわからないような

現場の様子を語ることもあるのだそうです。

脳細胞は数時間活動できる

1度死亡宣告を受けて蘇生した例も報告されていますが

人が心停止した場合、脳の機能もほぼ一瞬で停止します。

脳の大脳皮質も機能が衰えて反応を示さなくなりますが、

脳細胞自体はそれから数時間も活動できるそうです。

心肺停止の状態で蘇生法を行って必要な血液の

半分ほどが脳に送られると脳の機能の

スイッチが入るとの事でした。

さらに心臓が再び動き出せば、

脳も徐々に機能を取り戻していくのです。

2017年にリメイクされた臨死体験をモチーフにした映画

『フラットライナーズ』では臨死体験をした

医大生が過去の不思議なビジョンに苦しむ様子が描かれていました。

臨死体験をした人々は良い方向に大きく変わる傾向にあり、

利他的になって人を助けようとするそうです。

そして死に直面したことで

人生に新しい意味を見出すようになるとのことでした。

いずれ訪れる事とは言え

自分が体験するような状況にはなりたくないですね。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!