【悲報】こんなに入ってるの!?ジュースに入っている糖分の量が一目瞭然!思った以上に糖分が含まれる….

びっくり, 知って欲しい事, 衝撃, 話題

1.栄養ドリンク

角砂糖12個相当

手軽に豊富な栄養素を補給することができる

ドリンクとして人気なのが、栄養ドリンクです。

実は、これら栄養ドリンクにも、飲みやすく

するために大量の砂糖が使用されています。

ある代表的な栄養ドリンクの場合、470ml入り1缶に

52グラムもの砂糖が混入していたそう。

52グラムとは、角砂糖13個分程度ですから、相当な量ですね。

2.アイス・フレーバー・ラテ

角砂糖10個相当

アメリカ発の大手コーヒーチェーン店で

人気のドリンクの一つが、アイスフレーバーラテ。

一見すると、コーヒーにミルクを入れた

ヘルシーな飲み物のような印象がありますが、

実はこのドリンクの中にも、豊富な量の砂糖が混入しています。

その量、実に28グラム。

コーラなど炭酸飲料と比べると少量ですが、それでも、

1日当たり25グラムと規定したWHOの規定量を上回る砂糖が

この1杯で摂れてしまうと言うから驚きです。

3.100%リンゴジュース

角砂糖10個相当

果実由来のジュースの中でも、

100%という数字が明記されていると、

不思議とヘルシーな印象を感じてしまいます。

ところが、この100%を謳うジュースの中にも、

相当量の糖分が含まれています。

実は、果実には、コーラなどに含まれている糖分とは別に、

果糖と呼ばれる果物由来の糖分が豊富に含まれています。

果物の種類によっても違いはありますが、

豊富な甘さを持つリンゴジュースの場合、

その量は30グラムと言われており、相当量の糖分が摂取できます。

4.砂糖入りレモンティ

角砂糖9個相当

紅茶を減量にした飲み物ということもあってか、

なんとなくヘルシーで甘さの少ない飲み物という印象がありますね。

ところが、有名ブランドが発売する

500ml紙パックのレモンティを調べてみたところ、

その中には約28グラムもの砂糖が混入していたようです。

サラッとした飲み口なのでついごくごくと飲んでしまいますが、

相当量の砂糖が摂取できてしまいます。

5.缶コーヒー

角砂糖5個相当

コーヒー飲料という事も有り、あまり砂糖が

使用されていないというイメージが強い缶コーヒー。

ところが、有糖タイプの200mlの缶コーヒー1缶には、

実に15グラム前後の砂糖が使用されているそうです。

飲みやすさと量の少なさにもかかわらず15グラムという

砂糖の量は、決して侮ることができません。

ちなみに、微糖を謳うタイプで

約5グラム程度の砂糖が使用されているそうなので、

できるだけ無糖を選ぶと良いかもしれません。

6.シェイク飲料

角砂糖33個相当

ファストフード店などで人気の高い飲み物の一つが、シェイクです。

滑らかなアイスとして舌触りが人気で、

子供から大人まで多くの愛飲者がいるほど。

このシェイク飲料にも、非常に多くの砂糖が含まれていて、

食べ過ぎが健康への悪影響を及ぼすとして継承されているほど。

例えば、某ファストフード店のバニラシェイクの場合、

1食あたり実に100グラムもの砂糖が使用されていたそうです。