外から人間の赤ちゃんの泣き声が!凍える夜に野良犬が抱いていたのは、自身の子犬と人間の赤ちゃんだった….

びっくり, 衝撃, 話題

我々の最高の友達である動物犬たちは情け深く、

他者を思いやる気持ちを常に持つ。

困っているもの、悲しんでいるものを見つければ

我が身を挺して助けることをもいとわない。

犬たちが異種の動物を救ったり、異種の動物の

赤ちゃんのママになる話は少なくない。

今回発見された犬のウェイは何と、

道端に捨てられていた人間の赤ちゃんを

自分の子犬たちとともに抱っこして温めていたというのだ。

動物たちの母性は天井知らずである。

種の違いは関係なく、困っている小さな生き物が

いたら問答無用でできることをして助けるのだ。

アルゼンチンの道端で暮らしている野良犬のウェイは、

自身の子犬を育てながらなんとかストリートでの

暮らしを続けていた。

少なくとも近所の人々はそう思っていた。

しかしある朝、近所に住む人が外から人間の赤ちゃんの

泣き声が聞こえてきたのを耳にした。

外は凍てつくように冷たい風の吹く日だったという。

慌てて外に出ると、そこにいるのは

ウェイとウェイのお乳をのむ子犬たちだけだった。

しかしよくよく子犬たちを見てみるとそこには

人間の赤ちゃんの手が見えたのだ!

ウェイは、子犬たちとともに赤ちゃんを抱き、

赤ちゃんが凍えないように抱きしめていたのである。

赤ちゃんを発見した女性は

すぐさま赤ちゃんを近隣の病院へ運んだ。

赤ちゃんの健康状態に問題はなく、

ウェイの抱っこがなかったら赤ちゃんは

あっという間に凍えていただろうとのことだ。

ウェイが子犬を産んだばかりで母性本能が

高まっている時期だということを差し引いても、

赤ちゃんの命を救った事実に現地の人々は、

犬という生き物の、種を超えた深く広い愛情の

示し方に驚きが隠せない模様だ。

赤ちゃんの母親らしき女性もじきに発見され

拘束されたとのことである。

アルゼンチンは昨年から景気の冷え込みが著しいという。

こういった痛ましい事件が減り、なおかつ野良犬が

飼い犬として幸せに暮らせる日が来るのを祈ろう。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!