小3の男児2人「1万円拾った。交番行こう」 → 3ヶ月後、男児「(持ち主がいなかったため)受け取りに来ました」 → 手続きを済ませ1万円を受け取ると…

ほっこり, 泣ける, 素敵, 衝撃, 話題

新聞読んでほっこりした。

先日の昼、別府市内の

小学3年生の男児2人が、

別府署にやってきた。

学校の友達だという2人は、

昨年末に、スーパーの駐車場で

一万円札を拾い、

近くの交番に届けていた。

それから、3カ月が経過し、

落とし主が現れなかったため、

受け取りにきたという。

女性署員が手続きを済ませて

手渡すと、2人は、一万円札を、

会計課の窓口に置いてあった、

東日本大震災の募金箱に入れた。

震災で苦しんでいる

人の事を考え、寄付しようと

決めていたという。…

「ありがとう。

2人の思いは、

きっと被災地に届くと思いますよ」

と署員。

ギスギスした話が多い

最近の世の中、

これは純粋にスッとした。

この記事を見かけた

被災者の人が、

少しでもほっこり

してくれるといいな。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!