【川崎殺傷事件】社会運動家が事件について『死にたいなら1人で死ぬべき』という非難は控えてほしい…

事件, 衝撃, 話題

川崎殺傷事件「死にたいなら一人で死ぬべき」という非難は控えてほしい

記事によると…

報道の通り、5月28日(火)朝方、

川崎市で多くの子どもが刺殺、刺傷される事件が発生した。

現時点では被害状況の一部しか判明していないため、

事実関係は明らかではないが、犯人らしき人物が

亡くなったことも報道されている。

それを受けてネット上では早速、犯人らしき人物への

非難が殺到しており、なかには

「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ぬべき」

「死ぬなら迷惑かけずに死ね」などの

強い表現も多く見受けられる。

メッセージを受け取った犯人と同様の想いを持つ人物は、

これらの言葉から何を受け取るだろうか。

やはり社会は何もしてくれないし、

自分を責め続けるだけなのだろう、という

想いを募らせるかもしれない。

その主張がいかに理不尽で一方的な理由であれ、

そう思ってしまう人々の一部が凶行に及ぶ

ことを阻止しなければならない。

そのためにも、社会はあなたを大事にしているし、

何かができるかもしれない。

社会はあなたの命を軽視していないし、

死んでほしいと思っている人間など1人もいない、

という強いメッセージを発していくべき時だと思う。

社会全体でこれ以上、凶行が繰り返されないように、

他者への言葉の発信や想いの伝え方に注意をいただきたい。

藤田孝典 プロフィール

藤田 孝典は、日本の社会福祉士で社会運動家。

NPO法人ほっとプラス代表理事、

反貧困ネットワーク埼玉代表、

ブラック企業対策プロジェクト共同代表、

聖学院大学客員准教授。

生年月日:1982年 (年齢 37歳)

twitterの反応

ネット上のコメント

・道連れ殺害はよくないよ

・言いたいことは理解できます。

ただ、今発言するべきことではないかと。

これは自殺ではなく、罪のない人達を傷つけ殺害した殺人事件です。

被害者やご遺族が見た時にどう思うでしょうか。

・「べき」論は、こう言った状況では控える「べき」

・関係ない人達を巻き込んで、結果自殺してるから

そう言われてるのだと思うのですが。

・この子供たちは彼に何をしたのでしょうか??

幸せに見えたから死ななければいけなかったのでしょうか?

もっと被害者家族の顔を想像して記事を書いて頂きたい。

・電車への飛び込みとかに対してこういう意見が

出てくるなら賛同できたけど、今回は状況が

状況だから手放しで同意できません。

・さすがにそれは綺麗事では?

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加