32年間マクドナルドで働き続けたダウン症の女性。退職を申し出ると言葉を失う展開を迎える。

ほっこり, 衝撃, 話題

2016年8月、アメリカの

マサチューセッツ州にあるマクドナルドで

起きた出来事が話題を集めています。

話題を集めたのは、ある女性の従業員が

退職を申し出た時に起きました。

この退職を申し出たのは1984年から32年間、

マクドナルドにてフライドポテトの調理を

担当したフレイア・デイヴィットさん。

現在52歳の彼女は、ダウン症をもっていました。

フレイアさんがマクドナルドで働き始めた当時、

彼女の母親はうまく仕事が務まるかどうか、

とても心配していたそうです。

しかし、フレイアさんはこの仕事が大好きで、

母親の心配とは裏腹に、彼女の仕事をする姿勢は

多くのお客さんから好まれていました

そんな大好きなマクドナルドで32年間、週に5日、

彼女は美味しいフライドポテトを作り続けていました。

しかし、2016年に入り、母親はフレイアさんの

物忘れが多くなってきたことに気が付きます。

そして彼女に、「もう仕事を辞める時だ」と話します。

マクドナルドでの仕事はフレイアさんにとって生き甲斐の一つです。

なかなか受け入れられなかったそうですが、

母親の説得を受け、フレイアさんは退職を申し出たそうです。

そんな彼女の長年の頑張りを称え、

また感謝のしるしとして、マクドナルドに勤める

同僚たちによる退職パーティーが開かれたのです。

はじめは常連客など数人を招待して

アットホームに開催される予定だったパーティー。

しかし、フレイアさんの友人や親せき、近隣の住民、同僚、

そしてたくさんのお客さんたちが駆け付け、

なんと100名近くの人々が集まって

盛大に退職パーティーが行われたのです!

フレイアさんには大きなケーキとフライドポテトの

形をしたペンダントがプレゼントされました。

フレイアさんのために、こんなにも多くの人が集まってくれました。

彼女が仕事が大好きで、その仕事に向き合う姿勢、

そして彼女の人柄が多くのファンを作り上げたのでしょう。

そんなマクドナルドのハンバーガとポテト、

そして大好きなサンデーが大好きなフレイアさんは、

今後マクドナルドでの食事を一生涯無料で

提供することを約束したのです!

それだけマクドナルドにとって、功績を挙げた

人物であったということがよくわかりますね。

このようにダウン症である人が笑顔で働ける

職場があることは素晴らしいことですね。

ダウン症であるだけで、邪険されがちです。

しかし、彼女のように勤しむ姿勢を見ていると、

常人との差を一切感じられませんね。

フレイアさん、32年間お疲れ様でした!