生まれたばかりの赤ん坊が地中20cmの深さに生き埋め!発見した女性はその体を見て目を疑った…

びっくり, 衝撃, 話題

タイ東北部にある人里離れた

コーンケーンという地域で、

信じられない事件がありました。

それはある女性(53歳)がその場所へ

6頭の牛を引き連れて、草を食べさせに

きていた時のことです。

女性はその場所に近付くと、赤ちゃんの泣き声の

ようなものが聞こえたのでその声のする方に近付くと、

なんと赤ん坊の小さな足が地面から出ているのを発見!

女性は慌てて土を掘り起こし赤ん坊を救助。

しかし、女性はその赤ん坊の体を見て驚きを隠せませんでした…。

全身に14箇所にも及ぶ刺し傷

こちらが発見直後の赤ん坊の様子です。

体中に傷跡があるのが分かります。

なんとこの赤ん坊の全身には1

4箇所にわたり刺し傷が発見されたのです。

生後間もない赤ん坊を14箇所も刺した挙句に、

逆さの状態で地中に埋めるとは残酷極まり無い行為です…。

この赤ん坊が発見して間も無くして、母親(42歳)が

殺人未遂と保護責任者遺棄罪で逮捕されました。

ひどい傷を負わされた赤ん坊は、

命の危険を危ぶまれましたが、病院で奇跡的な

回復をみせて一命を取り留めたのです!

医師の話によると、土の中に埋められていたことで、

それが止血をする助けをしたのではないかとのことでした。

まるで大地の力によって、奇跡的な回復をみせた

赤ん坊にはタイの言葉で「大地の香り」という意味を持つ

”アイディン”という名前が病院の

スタッフによって付けられました。

退院後は孤児院に引き取られたアイディンくん。

そこからすくすくと成長し、7ヶ月後には

スウェーデン人カップルに養子として引き取られることに。

驚異の回復力を見せたアイディンくんは、

体の傷も癒えてきており、元気いっぱいの

可愛らしい笑顔をみせています。

実の母親から残酷極まりない仕打ちを受けたアイディンくん。

しかし、物心つく前の出来事で本人の記憶には

残っていないことが不幸中の幸いといえるでしょう。

今後は新しい家族のもとで愛情をいっぱいに受けて、

幸せに暮らして欲しいですね。