この可愛らしい女子高生が部活でとんでもない悲劇が…これは許せない。。。。

怒り, 衝撃, 話題

部活でとんでもない悲劇が

事故当時、高校2年生で

硬式テニス部のキャプテンだった梨沙さん。

英語が得意で将来はキャビンアテンダントになりたい

という夢があったそうです。

しかし、この彼女の将来がたった1日で一転してしまいます。

5月24日に事故は起きました。

ちょうど中間試験が終わったばかりだったようです。

その日の部活には顧問は来ておらず、

キャプテンだった梨沙さんが顧問の指示を事前に受け、

指示通りの練習を行っていました。

高校から約1キロ離れたテニスコートから

帰るランニングの途中で悲劇が起きました。

梨沙さんはランニング中に突然倒れ、病院に運ばれました。

梨沙さんが倒れた当初、両親は

「夜遅くまで勉強をし、

朝早くから学校に行っていたので疲れていたんだろう」

程度に考えていたそうです。

この事件はここで終わりではありません。

病院で一命をとりとめた梨沙さん。

しかし、その代償はあまりにも大きいものでした。

植物状態と診断されたのです。

リハビリをしたおかげでプリンやヨーグルトのような

柔らかいものを口から食べられるようになりましたが、

大半の栄養はおなかから管で直接

胃に流し込んでいるようです。

事故後の梨沙さん

低酸素脳症により、現在も寝たきりの状態で、

目も見えず、言葉も話せない状態にあるそうです。

高校生とはいえ、学校での部活動中に起きた事件である以上、

学校側にも大きな責任があるはずです。

しかし、当時の校長が梨沙さんや

ご両親に向かって言い放った言葉はあまりにもひどいものでした。

「当時の状況が知りたい、

そして、二度と自分たちのような悲しい思いをしてほしくない。」

そういった願いから学校側に強く

原因究明と対策を願っていたご両親。

しかし、学校側の対応はあまりにもひどいものでした。

「部活中の事故だから学校も私たちに寄り添い、

原因を明らかにしてくれると信じていた」

と両親。しかし、当時の校長は

「学校に瑕疵はない」

とし、育友会の役員会で

「倒れたのは病気。なのに両親はお金のことばかり言う」

などと発言したという。

さらには、

「高校のPTAの役員の前で校長先生が梨沙さんは病気で倒れた。

しかし、親は非常に難しい人で学校に現金を要求したりして、

学校を困らせている」

などとあたかもご両親が悪者で

あるかのような言い方でほかの保護者の前でも発言し、

梨沙さんやご両親の立場を苦しいものにしたそうです。

大変な介護の中、現在も裁判中のこの事件。

梨沙さんとご両親は今も戦い続けています。

校長の対応が酷すぎますね…

もっと誠意を見せてもいいと思うのですが…

ネットでの反応

・部活なんて素人の教師にやらすからだめなんだよ

・水飲むなとか言ってる教師まだいそうだよ

・教師も部活やりたくないって言ってる

・校長終わってるな・・・

・酷すぎて吐き気がする