価値観が合わない相手との結婚話。そんなある日『父親の言葉』から不思議な体験が起きた….

びっくり, 衝撃, 話題

別れにまつわる不思議な体験。

昔、ある男性と付き合ってて

結婚話が出てたんだが少し迷っていた。

東証一部上場企業勤務、有名国立大卒、

高身長、年齢の割には高収入、実家は裕福と

条件だけなら結婚相手としては

これ以上ないような男性だったけど

地元の中小企業で共働きの両親、しがない地方の

女子短大卒の私はどう考えても

釣り合ってないと思ってしまった。

彼のことは好きだったけど、デートしてても

些細なことで育ちからくる価値観の違いを感じていた。

例えばタクシーに乗って3000円台の料金だった時に、

5000円札でお釣りは要らないみたいな。

当時まだ20代半ば、お給料も少なくて

1000円が大金だった私には

「お釣り要らない」は言えない言葉だったし

買い物や食事をすると彼は支払いにお札しか出さない。

私はお財布の中に小銭があれば出来る限りきっちり出す。

何十何円まできっちりあったら幸せ。

最初はそんな彼をスマートでカッコいいと

思ってたけど、結婚を考え始めたときに

突然“釣り合わない”と思ってしまったんだよね。

彼は20代のうちに結婚したいと言う願望が強かった。

そして子供は最低ふたりは欲しいとか、

奥さんには専業でいてもらいたいとか、

具体的な願望もあった。

当時の親友に相談したら

「そんな良縁二度とない、絶対離すな」

って言われて、母親に相談したら

「自分の気持ちに正直になればいいだけ」

と突き放す感じ。

姉は

「なんかその男ムカつくw」

と冗談なのか本気なのか分からない答え。

で、彼からのプロポーズにハッキリ

応えなきゃいけないリミットの数日前のこと。

(彼から海外出張から帰ったら答えが欲しいと言われてた)

夢に何故か父親が出て来た。

で、父親が

「やめとけやめとけ。

一緒にいて自分が卑屈になってしまう相手と

一生添い遂げるのってきっついぞー」

って。

「生きてるのに何故わざわざ夢の中でwww」

って言ったら

「俺にもプライドがあるんじゃ」

とふんぞり返って言ってた。

何のプライドwwwと思ったけど、その

「一緒にいて自分が卑屈になって

しまう相手と一生添い遂げるのはきつい」

って言葉が自分の気持ちを

整理したもののように思えた。

で、別れを決心。

素直に気持ちを伝えたら、

彼の方は最近の私の様子から断られる

覚悟はあったらしくて思ったほど修羅場には

ならなかったけど、実は彼のご両親からは

反対されていたらしいとその時知った。

彼もきっとホッとした部分もあったんだろうと思う。

しばらくして母に、夢の中で父に

アドバイスされた話をしたらビックリして

「お父さん、あの頃そんなふうに言ってたわよ!」

って。

なんとも不思議な体験でした。

その父が亡くなって納骨を済ませた。

お墓の前で唐突に思い出したのでカキコ。

あの時、父の言葉で別れを選んだのは

正しかったと思ってる。

今、裕福ではないけど夫も子供たちも

みんな仲のいい家庭を築けている。

父よ、さんきゅう。

この記事が気にいったら、コメントしてね!!!