【胸が締め付けられる】雨の降る駐車場に捨てられた1匹の犬。放心状態で立ちすくむその姿に胸を締め付けられる。。。。

泣ける, 衝撃, 話題

飼い主に捨てられた犬の表情

動物保護団体に保護された犬たちは、

年々増加傾向にありますが、

保護された犬たちは本当に切ない表情を

していることが多いんだそうです。

とある雨の日、スーパーマーケットの駐車場に

1匹の犬がその場でへたりこんだまま

じっとしていたんだそうです。

すっかり体はびしょ濡れになってしまったのですが、

それでも気にせずにひたすら何かを

待っているような雰囲気がありました。

そしてその表情は「悲しみ」そして「絶望感」が

感じられるほど切ないもので、駆けつけた

保護スタッフが言うには諦めのようなものも感じたと話していました。

この犬は一体どうしてしまったのでしょうか?

諦めの表情を浮かべていた犬の切ない姿

スーパーマーケットの前に犬がいるという

通報を受けて駆けつけた保護スタッフ…。

そしてそこにいた犬の姿を見て絶句してしまいました。

その犬の毛は雨でびしょ濡れになり、

毛の色なのか汚れの色なのかも

わからないほどになっていました。

駆けつけたスタッフはすぐに毛布をかけて

温めようとしますが、その犬は動じませんでした。

スタッフは無理矢理連れていくような事はせずに、

その犬が自分から動くようになるまでずっと待ちました。

一体何故この犬はその場を離れなかったのでしょうか…。

飼い主から「ここを動くな」と言われたのを

忠実に守っているのか、それとも飼い主に

捨てられたことに絶望してしまったからなのかはわかりません。

いずれにしても「人間に裏切られた」という事実は

間違いなく、犬にとってもショックなことだったのでしょう。

保護団体に保護された後の犬の様子

雨の中でひたすら保護スタッフが声をかけ続けた結果、

ようやくスタッフに心を開いてくれたので、

一緒にシェルターへ向かいます。

そしてこの犬は「ケイシー」と名付けられ、

食事を与えた後にシャンプーもしてあげました。

するとケイシーはとっても綺麗な犬に戻りました!

表情はとても明るくなり、先ほど

スーパーマーケットの前にいた犬とは同じ

犬とは思えないほどです。

捨てられてしまったという事実は犬にとっても

やはりショックな出来事です。

「犬はわからないだろう」と思っていても、

長年飼い主と過ごしてきた思い出がある犬は

こういうのを察するものなのです。

ケイシーはこれから新しい暮らしが始まります!

今度は楽しい思い出をたくさん作っていってほしいですね。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!
  友だち追加